【歴史】合法?違法?大麻の種類まとめ

こんにちは、たろーです。

 

 

今回は「合法大麻」と「違法大麻」の種類についての記事です。
日本の法律では「大麻の所持、使用」は犯罪です。

ただ合法化されている大麻の商品もあります。どんな違いがあるのか?

 

こちらの記事の内容について

・大麻の種類
・合法と違法大麻の違い
・大麻と日本の深い歴史

 

では、さっそく解説です。

 

 

スポンサーリンク

合法?違法?大麻の種類まとめ

 

こちらの記事では大麻について解説していますが、
大麻の所持や使用を助長したいわけではありません。

 

アメリカやカナダでは嗜好用大麻が合法化、アジアやヨーロッパでもその動きが広がっています。

日本人が合法化の国へ行って、大麻を使用することも違法なので注意しましょう。

 

とはいうものの「犯罪」「違法」の概念は所詮、お国の法律で決められているだけで
国が明日にもテレビのニュースで「あ、大麻OKです」となれば大麻ビジネスは増えるでしょう。

 

以前こちらの記事でもまとめていますので、よければチェックしてみてください。

<関連記事>

 

 

でも、不思議に思いませんか?

今まで危険だと言われていた「麻薬」として扱われていた「大麻」
現在たくさんの国で、医療用、産業用、嗜好用で許可されているのか?

 

日本はそういったニュースですら取り上げないのはなぜなのか?

 

私たちの考えや常識は誰かによって作られたものに過ぎないのかもしれません。

 

大麻の種類

 

「大麻」にはいろいろな別名、呼び方があります。

 

・大麻
・麻
・大麻草
・ヘンプ
・マリファナ

 

海外の麻薬として「マリファナ」の呼び方が有名ですよね。
これは英語ではなく、スペイン語の興奮剤の意が変化した名前のようです。

これらはすべて一つの「大麻」を指しています。

 

 

大麻は種類があります。

「インディカ種」「サティバ種」「ルデラリス種」「アフガニカ種」など
その中でも大きく3つの種類に分けられ、それぞれ効能や特徴が違います。

 

インディカ種

インディカ種の大麻草の見た目の特徴はこちら

・樹木の背丈が低い
・葉っぱが太い

 

インディカ種は小さいと60cm、大きくても2mほどの大きさ
葉の形も広く厚いのが特徴です。

インディカ種の効能として、身体全体に作用してリラックス効果があります。

 

鎮痛効果、食欲増進、睡眠導入、精神安定など
身体も心も弱っている患者に効果的

 

向精神作用のある「THC(テトラヒドロカンナビノール)」の含有量が高いので、
身体が重く感じたり、眠りやすくなります。

インディカ種の中でも一番強い効能がある種を「Kush(クッシュ)」という大麻草です。

 

サティーバ種

サティーバ種の大麻草の見た目の特徴はこちら

・樹木が高く成長し伸びる
・葉っぱが細い

 

サティーバ種は小くても1.5m、大きい個体だと7.5mまで育ちます。
葉の形は細く、一般的に知られている形です。

 

サティーバ種の特徴として、インディカ種に比べてCBDの含有量が多いです。

 

身体への効果よりも精神への働きに強く、主に脳への効果を発揮
高揚感や疲労感の回復など、リラックスというよりも日中の行動向きといえます。

そのため、睡眠にはあまり適しません。

効能としては、精神疾患、偏頭痛、生理痛の緩和に適しています。
どちらかといえば、女性はこちらが向いているようです。

 

ハイブリット種

ハイブリット種は、インディカ種とサティバ種を交配して出来た、
名前の通りハイブリットな種類の大麻草です。

特徴としては、インディカ種とサティバ種の両方の性質をもち、
インディカ種の鎮痛作用は必要だけど、重くならない、眠くならない

 

日中でも元気に動けるような効果があります。

大麻が合法化にともなって、ハイブリット種の開発や交配が進み
今後はハイブリット種も増えてくる気がします。

 

それに伴って新しい仕事「ハーバリスト」も誕生しました。
大麻草の成分や調合のスペシャリストですね。

 

ちなみに、100%インディカ種とかサティバ種という分け方厳密にはなく、
どちらの成分が多いか?ぐらいでざっくり分けられています。

 

合法な部位・用途

 

大麻は捨てるところが無い草で、その中でも違法性がある部分、
無い部分とで分かれます。

違法性の無い合法な部分はコチラ

大麻の種は合法です。用途はコチラ

 

・食用
・食用油
・化粧品
・石鹸

 

身近なところでみんなが大麻の種を食べているんですが、知っていますか?

実は「七味」には炒った大麻の種が入ってます。
あれゴマじゃないんですよ、大麻の種です。

七味の裏面を見てみると、麻の実と書いてあるはず。

そのほかだと、先日記事にした麻の実の油「ヘンプシードオイル」です。
健康成分が豊富に入っているので、気になる方はチェックしてみてください。

 

 

茎も合法です、食用はしないので主に産業用です。

用途はコチラ

 

・糸
・ロープ
・織物
・新道儀式
・燃料
・紙や建材
・プラスティック

 

茎の表面と内部とで使い道が分かれます、
麻ひもとかロープとかホームセンターで普通に売ってますよね。

あとは、海外や日本でも昔からシャーマンや新道儀式には必ず使われています。

 

 

違法な部位・用途

違法な部位です。違法とはいえ用途があり、国や州によっては合法化されています。

日本では違法の認識でOKです。

葉っぱ

マリファナのマークともいえる葉は違法です。

主な用途はコチラ

・医薬品
・肥料
・飼料

医薬品としてTHCやCBDの抽出に使われることはわかっていましたが、
豚の飼料としても大麻草の葉が使われているようです。

ハイな豚さんなんでしょうか?笑

アメリカのオレゴン州で実験的に試しているようですが、
科学的効果は確認していなのだとか

大麻草の根っこも利用価値がありますが、違法となっています。

用途しては「土壌改良」の効果があります。

大麻草は、雨の降らない枯れた土地、寒冷地でも育つ強い植物です。
雑草の類と同じです。

なので、荒れた固い土地でも根を伸ばし、成長した茎や葉などが土の栄養になります。

2006年、北海道で肥料の過剰投入で土壌内に残留し、
地下水汚染の原因となる硝酸性窒素を、
旺盛な成長力の産業用大麻がどれだけ吸収するかを実験がありました。

結果的に、吸収力が高いとされるデントコーンなどの深根性作物の3倍の
吸収力があり、茎などは産業用として利用できる価値があると新聞で発表しています。

穂ってぱっとわからないかもしれませんが、
草の先に花や実が群がり付いた部分を指します。

用途は「医薬品」「嗜好品」の2つです。

葉と同じく、乾燥させた穂からとれる、カンナビノイドは104種あって
THCやCBDの成分はその中の一部です。

 

日本と大麻の深い歴史

 

麻という植物は日本の歴史上でよく登場します。

違法性があると言われていますが、現在の日本でも以外なところで使用されています。
たとえば、伊勢神宮の舞で使われる衣装、相撲の化粧まわし、神社のしめ縄など

神具として昔から使われていたようです。
現在使われている大麻は国から許可を得て栽培している人たちがいます。

 

さて、日本はいつから法律で禁止されたのか?
その前まではどのように日常にあったのか?気になりますね。

 

薬として使われていた大麻

現代では死亡原因の一つとしてガンとい病気が増えています。

これだけガン患者が増加しているわけですが、戦争に負けた戦後では、
ガンは1万人に1の奇病と言われていました。

 

具体的にいうと、昭和23年からがん患者が増加しているらしいです。

 

で、この時代から何が変わったのか?というと、
人々が日常的に大麻を吸わなくなった時代だといいます。

嗜好品が大麻から、たばこやお酒に変わったタイミングです。

それまでは、ぜんそくの薬や鎮痛剤として活躍していて
日本医学の資料に「日本薬局法」というものがあり、1886年~1956年で、
大麻の処方が病院でもあったといいます。

また時代劇や昔の写真などで見る「キセル」ってありますよね。
あれもたばこを吸っていたのではなく、大麻を吸う道具だったそうです。

 

「キセル」といえば、がんばれゴエモンですが、
ゴエモンも大麻吸ってたのかな。。

 

大麻が違法になった理由

1945年 第二次世界大戦に敗れた日本は、
アメリカのGHQからの指令でさまざまな命令を受けます。

 

その一つに大麻の栽培や所有の禁止がありました。

 

そして政治家がそのまま「日本国内での所持、栽培、製造、輸出、輸入を禁止」しました。
薬や治療薬として活躍していた大麻が今後一切禁止となります。

今も昔もアメリカの手下なんですね。

GHQが大麻を違法にした理由はいろいろウワサや都市伝説がありますが、
一節では、アメリカが日本を弱体化させる為に大麻を禁止した

大麻を禁止すれば、嗜好品がたばこや酒に変わり、
結果的にアメリカの利益にするためなどなど

 

古事記や日本書紀にも登場

歴史は古く、日本以外のインドや中国など何千年も昔から大麻と関わりがあり、
日本は縄文時代から大麻が人とともに存在したことが確認できています。

大麻は食糧としては栄養価が高く、薬としての役割も果たす
茎は紐や飼料になり根は土壌改良になる。そしてどんな土地でも育つ

そんなスーパー植物を使わない利用しない訳がないんです。

古事記の逸話は複数ありますが、そのなかでも「天岩戸の伝説」があります。

伊勢神宮などで祀られている「天照大神(あまてらすおおかみ)」そして、
弟の「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」の話しです。

 

素戔嗚尊がイタズラばかりするので、天照大神が怒って
天岩戸へ隠れてしまいました。天照大神は太陽をつかさどる神様なので、
世界から光がなくなったそうです。

周りの神達が困り、作戦を練って天照大神を穴から出そうと企てます。
なぜか「踊ろう」となり、踊りが得意な女の神が踊りまくる

それを見た周りの神が騒ぎまくると、天照大神も気になって出てくるのではないか?

そんな作戦です。

結果的に天照大神が出てきたタイミングで、二度と穴に戻れないように
縄を穴に張ったんですが、その縄は麻で作られた神聖な縄だったそうです。

そういう神話にも麻が使われていたんですね。

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

最後にもう一度だけ「大麻の所持、使用は犯罪です」
決して助長したいわけではありませんが、大麻のイメージが変わりませんでしたか?

大麻でも合法な部分や用途があり、
違法な部分や用途がある。

そしてカナダやアメリカでは、日本では違法な嗜好品としての利用も
合法化されています。

日本はアメリカの言うとおりに動くので、大麻合法化が来ると思います。
その時にはきっと医療としての注目や危険度の意識も変わっているんでしょうね。

今後も大麻についての記事を更新予定です。お楽しみに!

では今回はここまで、最後までお読みいただきありがとうございました!たろーでした。

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

たろーの晴耕雨読

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』株式投資、FX、仮想通貨、ネットビジネスで晴耕雨読な生活を目指すブログです。