ファスティングの準備期間に行うこと一覧【ファスティング】

ファスティングは準備期間、ファスティング期間、復食期間と3つの期間があるけど、準備期間はどう過ごせばいいの?用意する物や気を付けることはなに?

 

 

そんな疑問にお答えします。

ファスティングコンサルタント資格を持った筆者が、ファスティングの準備期間の生活、準備すること、心構えを解説します。

 

スポンサーリンク

ファスティングの準備期間に行うこと一覧

 

ファスティングには「準備期間」「ファスティング期間」「復食期間」の3つがあります。

 

その中でも、準備期間にどれだけしっかり準備するかによってファスティングの成功確率が変わってくると言えます。

基本はファスティング期間と同じ日数をかけて準備しますが、今回は3日以上のファスティングで準備するべきことをいくつか解説していきます。

 

 

ファスティングに必要なものを揃える

 

ファスティングはただ食べ物を減らすだけではなく、やり方にも種類があります。

 

たとえば、

・水だけファスティング
・酵素ドリンクのファスティング
・マスタークレンズファスティング
・コールドプレスジュースのファスティング

 

などなど

 

ファスティング中に飲むドリンクによって違いがあります。

酵素ドリンクなら酵素と水、マスタークレンズならレモンと水、カイエンペッパー、メイプルシロップといった感じです。

 

・ファスティングドリンクの材料
・ナチュラルウォーター
・アミノ酸
・塩(非加熱処理のもの)
・マグネシウム

・ファスティングノート
・復食期間ようの食材

 

ファスティングドリンクの材料

ファスティング期間中に飲む、メインのドリンクです。

行うファスティングの種類によっては揃えるものが異なりますので以下を参考に用意してみてください。

関連記事

酵素ドリンクのシロップを自分で作ってみたい!準備する物、作る注意点を教えてほしい!   そんな疑問にお答えします。 ファスティングコンサルタント資格を持った筆者が、自宅で出来る酵素ドリンクシロップの作[…]

関連記事

コールドプレスジュースってなに?酵素ドリンクとどんな違いがあるの?ファスティングにおすすめなドリンクを教えてほしい。   そんな疑問にお答えします。 ファスティングコンサルタント資格を持った筆者が、フ[…]

関連記事

ファスティング中はレモネードが良いらしい!糖質制限の問題とかあるの?レモネードの簡単な作り方、飲み方について教えてほしい。     そうお困りではありませんか? ファスティングコンサル[…]

関連記事

ノンアルコールの甘酒を自宅で作りたい!栄養満点だし、ファスティング中のドリンクとしてもいいみたい。簡単な作り方が知りたい。     そんな方は必見です。 ファスティングコンサルタント資[…]

 

ナチュラルウォーター

ファスティング期間中は1日2ℓ~4ℓとファスティングドリンクを含めてたくさんの水分補給が必要です。

それをファスティングドリンクだけで摂取するのは現実的ではないので、健康に良いナチュラルウォーターを用意しましょう。

冷やさず、常温で飲むためのものです。

 

アミノ酸

アミノ酸はタンパク質の分解を抑える効果があります。

ファスティング期間中は飢餓状態になるため、足りない糖を補うために、タンパク質(アミノ酸)と脂肪を分解します。

タンパク質が減ると、筋肉量が減るのでリバウンドの原因にもなるので、忘れず用意することをおすすめします。

 

ファスティング期間中は大量の水分を飲んでデトックスするので、体内の塩分が不足しがちです。

塩分が不足すると頭痛などの好転反応が強く出やすくなるので、口さみしくなったら少し塩をなめます。

空腹感も紛れて一石二鳥

 

マグネシウム

マグネシウムはファスティング中に活躍する「体内酵素」の働きを助けるミネラルの一種です。

ファスティング期間は必要最低限の栄養を摂り、デトックスを促すのでマグネシウムの効果で血液循環を正常に保つ作用があります。

一日3回、朝昼晩と少量ずつ摂るのがおすすめです。(適正量は1日20~30滴ほど)

 

ファスティングノート

ファスティングノートとは、なぜファスティングを始めたのか?ファスティング期間中の状況を書き記すためのノートです。

ファスティングノートを書くことでファスティング成功に近づくのでぜひ用意しましょう。

関連記事

ファスティングをするなら「ファスティングノート」を書いた方がいいらしいけど、ファスティングノートって何?どんなことを書くの?書くことでどんな意味があるのあ?具体的に教えてほしい。   そんな疑問にお答えしま[…]

 

復食期間ようの食材

ファスティング期間を終えたら復食期間へ移行します。

ファスティングを終えた達成感ですぐに好きなものを沢山たべてしまっては本末転倒。

すぐに復食期間へ移れるように食材を用意しておきましょう。

 

 

食事を工夫する

 

ファスティングの効果を上げること、ファスティング期間中の辛さを軽減するためにも、準備期間中の食事は大切です。

ファスティングの主な効果は、「身体の細胞のリセット」と「蓄積された毒素のデトックス」です。

 

日々の無意識な食べ過ぎで蓄積された老廃物や毒素を排出するのが目的なので、

準備期間中に添加物の多い食材、化学調味料が多い物を食べていてはいけません。

 

3日~1週間前から野菜中心の食事へ変更します。出来れば無農薬の野菜を選んで購入し、お水も意識してたくさん摂るようにします。

この期間は味気ない食事にウンザリするかもしれませんが、ファスティングの予行演習だと思ってしっかり取り組めば、ファスティングの効果がアップします。

 

 

環境を整える

 

ファスティング期間に備えて、食材の備蓄を無くすことがコツです。

ファスティング期間中は固形物を食べてはいけません。

 

しかし人間の三大欲求ともいえる食欲を抑えることはとても難しいです。

ダメだとわかっていても、口元に美味しそうな料理が運ばれてきたらパクっと食いついてしまうでしょう。

 

なので、「目につく場所に食べ物を置かない、すぐ食べれるものを保管しない」ことで我慢が出来ます。

 

また、ファスティング期間中はいつもより身体の変化が過敏になります。

ゆっくり過ごせるように、溜まった用事や部屋の掃除などは片付けておくと良いでしょう。

 

 

家族の協力を得る

 

ファスティングを行う方で、家族やパートナーがいる場合があるでしょう。

 

この場合はとても注意が必要です。

 

たとえば、主婦の方だと自分は食べられないのに家族の為に料理を作らないといけません。

お腹がすいていればとても辛いはず。

 

小さいお子さんがいる場合は難しいですが、パートナーに相談してファスティングの協力を得ましょう。

たとえば、一緒に軽いファスティングを行うことを提案したり。

自身の前で食事をしないように、食材を目につくところに置かないようお願いする。などです。

 

飽食の時代なので特定の疾患がある方を除いてほとんどの人にファスティングはおすすめです。

パートナーと一緒にファスティングを頑張ることが出来れば、協力することで成功に一歩近づくと思います。

 

 

ウォーミングアップとして行動する

 

実は、老廃物や毒素が溜まっていれば溜まっているほど、好転反応が強くでる傾向があります。

頭痛や吐き気、身体のダルさなど

 

準備期間を置かず、いきなりのファスティングしようと食事制限をすれば想像以上の空腹、辛さを味わうことになります。

 

ここまで読んでいただけたならご理解いただけたと思いますが、準備期間中はファスティング期間のウォーミングアップのようなものです。

事前に小食にして野菜中心の食事にすれば、少しづつデトックスされ、さらに胃袋も小さくなるので空腹の辛さも軽減されます。

 

いざファスティング期間に入っても、前者に比べると辛さは軽減されているはずです。

前者のようにいきなり始めたい派の方もいるかもしれませんが、危険なのでしっかり準備期間でウォーミングアップをしてファスティングに挑みましょう。

 

 

まとめ

 

まとめです。

・ファスティングドリンクの材料
・ナチュラルウォーター
・アミノ酸
・塩
・マグネシウム
・ファスティングノート
・復食期間ようの食材
・3日~1週間前から野菜中心の食事にする
・食べ物を見えるところに置かない、保管しない
・家族の協力を得て、一緒に頑張る
・準備期間はウォーミングアップとして行動する

 

以上、参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。Taroでした。

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

晴耕雨読

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』そんな生活を目指すブログです