学ぶ 稼ぐ 楽しむ 「豊な人生を考える」ブログ

【東海朝市】一色さかな広場を楽しむ!後悔しない買い物のコツ

一色さかな市場の楽しみ方を紹介するぜ!記事を見てバッチリ準備してくれよな!!

 

東海の朝市といえば、

一色さかな広場の朝市が有名ですよね。

 

私もすっかりリピーターです。

ということで今回はこちら!

 

・一色さかな広場の朝市を楽しむための準備
・お得な買い物のコツを解説
・市場の写真や料理まとめ

 

を紹介します!

もしよければどぞ!

 

スポンサーリンク

【東海朝市】一色さかな広場を楽しむ!

 

一色さかな広場の朝市では、

となりの競市場から競り落とされた新鮮な魚を

安く買うことが出来ます。

 

スーパーでは見かけない魚や貝、甲殻類もたくさん!

魚好きであれば、見るだけでも楽しめること間違いなしです。

 

朝5時とかですが、土日にはお客さんも多くて

かなり賑わっています。

 

それだけ魅力があるってことですね。

私なんて、まじで近所に引っ越したいと思うほどです。

 

初めて遊びにいった時の記事はコチラ

 

 

一色さかな広場の「朝市」とは?

新鮮な魚貝をはじめとする海産物が並ぶショッピング通りやレストランが揃う一色さかな広場。おすすめは、新鮮な魚貝ならではの品質の良さと安さ。特産品のうなぎ、えびせんべい、果物類などの直売店も軒を連ね、一色の味自慢が揃いました。 ※公式サイト引用

 

公式サイトにも書かれているとおり、

一色さかな広場では、

新鮮な魚貝類や果物、飲食店がある施設です。

こちらの建物の横には、朝市広場が朝5時から営業しています。

でもこちらは本命ではありません。

その敷地内のもっと奥、海側に進むと

今回紹介しているお目当ての「朝市」が開かれます。

 

 

 

 

楽しむために準備する!

持ち物

・クーラーボックス
・保冷剤
・ビニール袋
・バケツまたは桶など
・現金

 

魚釣りをする人なら「クーラーボックス」を持っていると思います。

そのまま持参しましょう。

保冷も出来、臭い対策にもなります。

 

「クーラーボックス」が無いなら

大き目のビニール袋を数枚持っていきます。

 

あと、魚貝類はヒレや貝殻などで

袋に穴があき水漏れの可能性もあるので、

バケツや大き目の桶など持参すると安心です。

 

車が生臭くあるのはサイアクです。笑

 

出発時間と駐車場

朝市が始まるのは5時からです。

ただ4時30分くらいから徐々に魚は並び始めます。

一番魚が並ぶのが5時30分~6時ですね。

 

もちろん良い魚から先に売れていきます。

良い魚を買いたいなら、

気合を入れて5時前には到着しておきましょう。

 

また駐車場は、かなり広いので停められないことは

絶対にないので安心してください。

 

出来るだけ近い方が後々便利なので、

車で出来るだけ奥まで進み、

電気が着いている建物のすぐ前にとめておくと良いです。

 

現金

クレジットやスマート決済は出来ません。

現金をもっていってくださいね。

 

魚貝類を買う量にもよりますが、

私は毎回、5000円~10000円以内です。

 

 

お得な買い物のコツ!

 

良いものを!

出来るだけ安く!

 

つまりコスパよく買い物したいですよね?

賢くお買いものする方法はこちら!

 

・まずは一周りする
・目的の獲物は迷わず買う
・目星をつけて徘徊する
です。順に説明しますね。

まずは一周りする

朝市のお店の配置はこんな感じです。

 

道の両側にお店があるので、

グルグル周って物色します。

 

まず、到着したら一周りしましょう。

同じ魚でもコンディションや値段が違うことがあります。

 

「さっきのお店よりも、こっちが安くて大きい。。。」

なんてことが起きては悲しいではありませんか。

 

さくっと見れば10分も掛からないので、

まずは一周りして、目的の獲物を探したり目星をつけて周りましょう。

 

目的の獲物は迷わず買う

「今が旬のあの魚が食べたい!」

「スーパーでは売ってないあの魚があるかな?」

 

など、目的の魚貝類がある

って人は、迷わず買いましょう。

 

5時~5時30分は魚が店先に増えてくる時間帯です。

その時間帯についたのなら、

まずは必ず一周りして、良さそうな魚がいればすぐ買いましょう。

 

ほんとに良い魚から売れていきます。

決断力が求められます。

 

 

目星をつけて徘徊する

一周りして、目的の魚貝類も買うことが出来た。

その後すぐに帰ってもいいのですが、

 

私のように1時間以上かけて来た人なら

もうすこし見て周って、もし良い魚貝類売られてたら買いたい

って人もいるでしょう。

 

先述したとおり、横の競り会場で競り終わった魚貝類が

順番に並べられていきます。

なので、後から競りが行われる魚貝類は

遅い時間からしか並ばないことがあります。

 

また、魚屋さんも売れ残ると困るので、

店先に並んで時間が経った魚貝類は値段少しづつ下がります。

100~500円程度の値下げですが、ありがたいですよね。

 

「すこし気になる、食べてみたいけど、この値段なら別にいいか」

なんて時に値下げされてたら

完全に買いデスよね!

 

目的の魚貝類を買ったら、一旦休憩して

またブラブラ見て周ると掘り出し物が見つかるかもしれません。

 

 

アクセスと詳細情報

〒444-0424 愛知県西尾市一色町小薮船江東176
駐車場:無料大駐車場完備 観光バス30台/乗用車200台
営業時間:9:00~17:00 毎週水曜日定休日
朝市営業時間:5:00~8:00(土日は12:00まで)毎週月曜、水曜定休
※詳しくは公式サイトを確認
TEL :0563-72-3700  FAX :0563-73-6600
公式サイト:http://www.sakanahiroba.com

 

名古屋市からだと車で1時間ほど、

近くに電車がないので、

車での移動が必要です。

 

夜中は車が少ないですが、

目的地付近は、交通量が増えてくるので

気を付けて下さいね。

 

 

周辺観光

朝市広場

先述しましたが、朝市の会場の手前には

「朝市」ではなく「朝市広場」があります。

 

そちらでは、下記のお店があります。

 

・魚貝類
・ウナギ
・野菜・果物
・お惣菜
・食堂(海鮮・うどん)

 

こちらでも魚貝類が売っています。

また韓国料理の惣菜やさんがありますが、

そこのキムチやに煮込みが旨い。ぜひ買ってみて下さい。

 

 

安城産業文化公園デンパーク

一色さかな広場から北へ

車で30分行けば着きます。

 

デンパークは公園・体験・買い物・飲食が出来る複合施設です。

ちいさなお子さんが遊ぶにはピッタリ

公園のアスレチックや季節ごとの花が見どころです。

 

道の駅好きな人なら楽しめるショップもあり、

飲食店もあるので一日過ごすことも出来るでしょう。

 

クーラーボックスじゃないと厳しいですが、

朝市の帰りに寄ってみるのも楽しいかも?

 

詳細はこちら

安城産業文化公園 デンパーク
〒446-0046 愛知県安城市赤松町梶1
電話番号:0566-92-7111
営業日:毎週火曜日
時間:午前9時30分~午後5時 (入園は午後4時30分まで)
公式サイト:https://www.denpark.jp/

 

朝市の様子!!

写真をたくさん撮りました!

こんな感じかーと想像ふくらませてください。

 

 

美味しくいただきました!

この時に購入したのはこちら

 

・ハタハタ
・マトウダイ
・ツキヒガイ
・ツメタガイ
・シャコ

 

です。

 

 

ハタハタはから揚げと南蛮漬け

マトウダイはお刺身

ツキヒガイはお刺身とバター焼き

ツメタガイは煮物

シャコはから揚げと漬け

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

朝市に行きたくなりましたか!?

 

準備すると良いもの、

お得な買い物方法も解説したので、

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

もし、運が良ければ人気YouTuberの

「きまぐれクック」に合えるかも?

 

最後までお読みいただきありがとうございました!たろーでした。

 

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

晴耕雨読な生き方

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』株式投資、FX、仮想通貨、ネットビジネスで晴耕雨読な生活を目指すブログです。