市販の酵素ドリンクの選び方とは?注意点は?【ファスティング】

酵素ドリンクってどれを選んだらいいの?効果がある商品を選びたいけど多すぎてわからない。

 

 

そうお困りではありませんか?

ファスティングコンサルタント資格を持った筆者が、市販の酵素ドリンクの選び方を解説します。

 

スポンサーリンク

市販の酵素ドリンクの選び方とは?注意点は?

 

酵素ドリンクは、もともとファスティングに用いられることがメインでしたが、最近では健康目的やダイエット目的で酵素ドリンクを知った方も多いと思います。

 

実際、ネットショップにはたくさんの種類の酵素ドリンクが販売しているので、

「どれが自分にあっているのかわからない」
「ちゃんと酵素の効果があるものを選びたい」
「高い値段を出すのだから失敗したくない」

 

と、迷ってしまいますよね。

使用されている素材や製造方法も様々なので、確かな品質のものを選ぶことが大切です。

 

 

酵素ドリンクってそもそもどんなもの?

 

酵素ドリンクの選び方を知るには「酵素」について勉強しておきましょう。

 

酵素とはタンパク質(アミノ酸)の一種で、人間の身体の中に存在する「体内酵素」と「食物酵素」があります。

「体内酵素」は食べ物を消化したり、分解吸収、排泄など、生命活動に欠かせない成分です。

 

特徴としては「熱に弱い」という性質があります。

 

酵素として耐えることが出来る温度は、約40~70℃ぐらいと言われているので加熱された食品は酵素が失われてしまいます。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

関連記事

酵素ってなに?健康に良いって聞いたことがあるけどどんな効果があるの?     そんな疑問にお答えします。 ファスティングコンサルタント資格を持った筆者が、ファスティングにとって欠かすこ[…]

 

市販の酵素ドリンクを選ぶポイント

 

酵素は熱に弱いので、製造工程で加熱処理がされている酵素ドリンクは選んではいけません。

 

そのほかにも以下のポイントがあります。

・無添加
・砂糖の使用
・原材料

 

 

無添加

食べ物を腐らせないために添加物は必要ですが、人体には良いものではありません。

 

酵素ドリンクはファスティング目的や健康の為に飲む方がほとんどだと思います。

身体の不要なものを排出するために酵素ドリンクを飲んでいるのに、添加物という不要なものが入っていたら意味がありませんよね。

市販の酵素ドリンクは無添加を選ぶことが大切です。

 

砂糖の使用

砂糖は甘くておいしくて、飲みやすくさせる効果がありますが、やはり健康には良くありません。

 

白砂糖には高い依存性がありますし、以下の危険があるとわかっています。

・血糖値を急上昇させる(糖尿病)
・免疫低下
・肥満による疾患の原因
・精神不安定
・身体を酸性に傾ける

 

厳密にはこれら以外にも悪影響があると判明しているので砂糖が入ってない酵素ドリンクを選びましょう。(野菜やフルーツ自体の甘さがあるもの)

 

原材料

こだわるなら原材料にも注意してみましょう。

 

酵素ドリンクの原材料となる野菜やフルーツに農薬が使われていないか?

原料や製造方法が不明な場合はお問合せしてみると判断するのも手です。

 

 

これらの「熱処理されていない」「無添加」「砂糖不使用」「原材料」を意識して選ぶと良いでしょう。

 

 

市販の酵素ドリンクの価格

 

市販の酵素ドリンクの価格は3,000円位のものから、20,000円のものもあります。

 

値段が高いければ高いほど「高品質で効果が高い」と思ってしまいがちですが先述した4つの項目を意識して「品質」を重視して選んでほしいのです。

 

が!

酵素ドリンクは1回試せば身体が元気になって病気も治るようなステキな飲み物ではありません。(逆にそんな飲み物は危険ですね。)

 

一定期間継続して飲み続けたり、常飲することで効果を発揮するものです。なので「継続的に購入できる価格のものを選ぶ」のも重要なポイントです。

 

試供品や返金保証がある酵素ドリンクもあるので、「継続的に購入できる価格のものを選ぶ」という視点で選んでみるのもいいでしょう。

 

 

新鮮な野菜、フルーツをジュースに

 

市販の酵素ドリンクには以下のメリット、デメリットがあるので紹介しておきます。

 

・手間が掛からず始められる
・色んな味があり飲みやすい
・美味しい商品もあり継続しやすい
・添加物の危険
・砂糖による弊害
・酵素の有無(加熱処理によって)
・高い商品もあるので継続が難しい

 

これらもメリットデメリットを考慮して購入を検討してみてほしいのですが、自宅でジュースを作るという方法もあります。

 

市販の酵素ドリンクは野菜やフルーツを発酵させてドリンクにしていますが、生の非加熱の食べ物には「食物酵素」が含まれています。

自宅にあるミキサーやジューサーで新鮮な野菜やフルーツを潰して新鮮なジュースにすることでも酵素は十分に摂れます。

 

もちろん、残留農薬の危険はあるので出来れば「自家栽培」や「農協などの地元の市場」の物を使うか、スーパーのものでも良く洗って使えばOKです。

ジュースレシピは別記事で上げますのでお待ちください。

 

 

まとめ

今回のまとめです。

 

・酵素は熱に弱いので熱処理されてない酵素ドリンクを選ぶ
・無添加、砂糖不使用、原材料が分かるものを選ぶ
・継続的に購入できる価格の酵素ドリンクを選ぶ
・自宅で作ったジュースでも酵素は十分摂れる

 

以上です。

 

酵素ドリンクについて不明点などあればコメントいただければ回答いたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。Taroでした。

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

晴耕雨読

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』そんな生活を目指すブログです