コインチェックの始め方【かんたん登録手順】

仮想通貨取引所コインチェックで口座開設がしたい。難しいのはイヤだ、カンタンに解説してー!

 

コインチェックの口座開設をしたい方向けです。

実際の画像つきで口座開設の登録手順を紹介しています。

パソコン操作に慣れない人でも、カンタンに登録できるので安心してついてきて下さいね。

 

・コインチェックの口座開設方法
・コインチェックの紹介
・よくある質問

 

スポンサーリンク

コインチェックの始め方【かんたん登録手順】

 

仮想通貨の取引きや購入するためには、必ず取引所や販売所へ登録しないといけません。

登録とはつまり【口座開設】です。

 

口座開設といっても、銀行のように通帳があったり、証券会社のようにお店があるわけではありません。

インターネット上の口座開設だけです。

 

特別意識する必要はありませんが、ネットで口座開設の申し込みをしてネットで完結するので最短翌日から仮想通貨の取引や購入が出来ます。

実際に登録の手順は30分もあれば完了するので、さっそく見ていきましょう。

 

コインチェックの口座開設の流れ

 

口座開設の流れはコチラです。

1:新規アカウント作成
2:メールアドレス、パスワードの登録
3:重要事項承諾・電話番号登録(SMS認証)
4:本人情報を登録

 

1:新規アカウント作成

 

まず、コインチェックの申し込み画面を開きます。

以下の画面が開くので(2020年7月現在)、口座開設(無料)はこちらをクリックします。

 

 

 

2:メールアドレス、パスワードの登録

 

今後ログインに使うメールアドレスとパスワードを決めて入力。

「私はロボットではありません」にチェックをして、「登録する」をクリックします。

 

 

以下の英語文章が表示されます。

 

日本語表示だと以下のとおりです。登録したメールアドレスに通知メールが届いているのでチェックします。

 

以下のようなメールを受信しているはずなので、URLをクリックすると無事登録完了です。

 

コインチェックのあなた専用ページにログインが出来ましたね。

ただ英語のページのままなので、赤枠のポップアップで「日本語で表示しますか?」を「はい」と選択すれば日本語表記となります。

 

 

 

3:重要事項承諾・電話番号登録(SMS認証)

 

口座登録が完了したら、あともう少しです。

重要事項の承諾と電話番号の登録をします。まずは、下の「各種重要事項を確認する」クリックします。

 

重要事項をすべてチェックを入れて「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリックします。

 

次に「本人確認書類を提出する」をクリックします。

先に携帯電話番号の認証画面が表示されるので、自分の携帯番号を入力してSMS送信します。

 

スマホにSMSメールが届きます。そこにワンタイムの数字6ケタがあるので、そちらを画面に入力すればOK

もう一度「本人確認書類の提出する」をクリックします。

 

4:本人情報の登録

以下の手順が表示されます。順に登録していきましょう。

 

本人情報の入力項目は以下の通りです。例文も添えておくので参考にしてみてください。

 

・居住国 :日本
・国籍:居住国と同じにチェック入れればOK
・氏名(フルネーム) :たろー
・カナ氏名:タロー
・性別 :男
・生年月日 :タブから選択
・郵便番号 :例) 1234567
・ご自宅住所:愛知県名古屋市
・職業: 上場企業職員
・取引目的:好きな項目にチェックを入れる
・金融資産の状況: タブから選択します。見栄を張る必要はありません。
・資金の性格: 余裕資金 or 生活資金
・仮想通貨取引経験(現物): タブから選択
・取引の動機 :タブから選択
・外国PEPsに該当しますか?:該当しないにチェック
※外国PEPs:外国政府等において重要な地位を占める方、過去にその地位にあった方、またはその家族

 

次に本人確認書類のアップロードが必要です。以下のいずれかの書類を準備しましょう。

・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
・運転経歴証明書

 

準備が出来たら、スマホのカメラで十分なので以下2種類の写真を撮ります。

もし住所変更などで裏面の情報がある場合は、裏面の写真を撮り「ファイル選択」からアップロードします。

 

もし住所更新されていない場合、住民票や社会保険証など補足書類のアップロードが必要なので、必要に応じてアップロードします。

すべての入力とアップロードが完了したら「本人確認書類を提出する」をクリックします。

すべての設定は終了です。お疲れさまでした。

 

後日、コインチェックからハガキが届きます。

こちらはあなたがその住所に住んでいるか?の確認なので受けてれば確認完了です。

こちらですべての登録が終了です。仮想通貨の取引をスタートしましょう!

 

コインチェックってどんな取引所?

コインチェックがどんな取引所なのか?

簡単にまとめてみました。

 

・金融庁登録済の仮想通貨交換業者
・国内最大の12種類の仮想通貨を取り扱い(2020年3月)
・スマホアプリから簡単取引可能(国内最大級の274万DL)(2019年12月)
・セキュリティ対策を大幅強化
・さまざまな日本円の入金方法がある
・ビットコインの積立投資を開始
・電気代/ガス代の支払いでビットコインを還元

 

・ビットコイン
・リップル
・イーサリアム
・ネム
・ビットコインキャッシュ
・リスク
・ファクトム
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・モナコイン
・ステラルーメン
・クアンタム(QTUM)
※全通貨でJPYペア・BTCペアの売買が可能

 

NEMの流出事件があった後はかなり信用度が下がりましたが、

以下の通りセキュリティ強化し対策しているようです。

東証一部上場のマネックスグループ傘下で、徹底したセキュリティ体制を構築
金融系システムセキュリティ対応、サイバー攻撃や情報漏えい等のサイバーセキュリティ対応に知見のある専門家協力のもと、インターネットを通じた標的型攻撃の被害を避けるため、ネットワーク分離強化等のシステム再構築を行い、全通貨のコールドウォレット対応を完了 ※コインチェック公式サイト引用

 

また、入金方法も自由度が高いのでカンタンです。

・銀行振込、コンビニ入金、クイック(Pay-easy)入金が選択可能(クイック入金では金融機関の営業時間にかかわらず、24時間365日決済)

また約500円からコインを購入することが出来るので、まずは入金しておくといいです。

 

専用のスマホアプリも使いやすいので、ストアからダウンロードできます。

操作も簡単なので、なれれば最短10秒でコインを購入することが出来ますよ。

 

積み立て投資も前からスタートしています。興味がある方は少額からスタートしてみるのがいいかも。

私も気が向いたら、10万円分ほどで検証してみます。結果はブログにあげますね。

 

あと、ほかの取引所に無い点として、電気代/ガス代をコインチェックの業者にすることで、

ビットコインが還元される「Coincheckでんき/Coincheckガス」です。

最初の切り替えは面倒かもしれませんが、毎月払うお金からビットコインがもらえる仕組みがスタートしています。

 

 

コインチェックのよくある質問

 

初めて仮想通貨取引所に登録する方のために、よくある質問を紹介します。

 

Q:口座開設に費用はかかるか?
A:かかりません無料です。
Q:18歳でも口座開設できるか?親の許可があれば大丈夫か?
A:出来ません。20歳以上からです。
Q:すぐ売買したい、申込からどれくらいで利用できるか?
A:申込内容、アップした画像に不備がなければ最短翌日から売買可能です。
Q:仮想通貨を日本円で出金したい。どれくらい日時がかかる?
A:申請日を除き2営業日後です。
Q:ログイン出来なくなりました。どうしたら?
A:原因によって対処が異なります。詳しくはコチラをチェックしてみてください。

 

それ以外の不明点があれば、直接コインチェックの窓口に問合せすると解決が早いです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

コインチェックの口座開設の手順について解説しました。

その他、売買の方法や送金方法などは別記事にて紹介しています。

 

関連記事

口座開設して入金したいけど、どんな入金方法があるんだろう?あといざ出金する時のことも考えて確認したいな   コインチェックの入金・出金方法の解説記事です。 実際の画像つきで入金と出金手順を解説しているので[…]

 

もし不明点や質問があれば可能な限り回答しますので、コメントにお知らせください。

今回はここまで、最後までお読みいただきありがとうございました。たろーでした。

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

たろーの晴耕雨読

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』株式投資、FX、仮想通貨、ネットビジネスで晴耕雨読な生活を目指すブログです。