学ぶ 稼ぐ 遊ぶ 楽しむ 「豊な人生を考える」ブログ

【WordPress】バージョンアップ不具合の対処方法

こんにちは、たろーです。

 

先日、WordPressのバージョンアップが表示されたので、
更新後、こんなツイートをしました。

 

WordPressのバージョン5.3に上げた途端、
メディア追加やプレビューのボタンが反応しなくなりました。

 

原因は使っているテーマ「THE THOR」との相性が悪かったみたいですが、
とにかく不便だったのでダウングレードで一時しのぎをしました。

 

ということで、今回はWordPressのダウングレード方法を解説!
このような悩みを解決します。

・WordPressが使えなくなった
・FTPソフトの使い方がわからない
・とにかくバージョンを下げたい

 

スポンサーリンク

バージョンアップ不具合の対処方法

 

WordPressは定期的にバージョンアップされる訳ですが、
使っているテーマによって整合性がなく、不具合が発生することがあります。

というのも、今回私が使っている「THE THOR」が実際に不具合が発生しました。

 

それ以外でも、使いづらいとか不便になったなど昔のバージョンに戻したい時に
有効な手段が「WordPressのダウングレード」です。

ネット上に過去更新された「WordPressのバージョン」が残っています。
それをパソコンにダウンロードして「FTPソフト」を利用して

ブログを置いているサーバーにアップロードするという手順

 

ねこ
FTPソフト?サーバーにアップロード?
なんのこっちゃ?
もともとそういったソフトを使ってたことがない人にとっては少し難しいです。
でも、そんな方でも簡単に出来るように画像つきで解説していきます。

では、まずはFTPソフトのダウンロードから!

必要なFTPソフトをダウンロード

FTPソフトとは?を解説すると話がそれるので割愛

簡単に言うと「パソコン内のデータをサーバーに送る手段」と思って下さい。
有名なソフトが2つ「FileZilla」「FFFTP」

「FileZilla」→ https://filezilla-project.org/

「FFFTP」  →   https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/ffftp/

どちらでも大丈夫ですがMacPCは「FileZilla」
WindowsPCは「FFFTP」がいいと思います。

どちらのソフトも無料でダウンロード、利用が出来るので安心してください。
私はWindowsPCを使っているので「FFFTP」の操作画面で説明していきますね。

 

まず、使っているパソコンのビット数によってダウンロードするソフトが違います。
32bitは上のを64bitは下のダウンロードボタンをクリック

 

ダウンロードが完了すると、こんなの↓↓が表示されます。

 

このexeをダブルクリックで実行すると下記の画面で「実行」「次へ」と進めます。
最終的にデスクトップにFFFTPソフトがインストールされます。

ここまで進めば完了です。

FTPソフトの設定をする

次に「FFFTP」を起動して契約しているサーバーへ接続します。

まずは「FFFTP」をダブルクリックで起動します。すると下記のような画面がでます。
「新規ホスト」をクリック

 

赤枠の項目を入力します。

・ホストの設定名(T):好きな名前でOKです
・ホスト名(アドレス)(N):FTPサーバーアドレス
・ユーザー名(U):FTPアカウント名
・パスワード/パスフレーズ(P):FTPのパスワード

 

全て入力し「OK」をクリックし、間違いがなければ正常に接続されます。
こんな感じ↓↓

 

左側が自分のパソコンの領域、右側がサーバー上の領域だと思ってください。
よく見ると右側に当ブログのドメイン名がありますね、このフォルダの配下にホームページの部品があるわけです。

 

WordPressのバージョンを探す

ダウングレードしたいWordPressのバージョンをコチラからダウンロードします。

WordPressバージョンダウンロードサイト

ダウングレードしたいバージョンの「zip」をクリックして
データをダウンロードします。

ダウンロードが完了したらOK

圧縮ファイルなので解凍しましょう。

ダウンロードしたファイルの修正しアップロード

解凍したファイル「wordpress」の中にはWoprdPressを構成するファイルやフォルダがあります。
このファイルを現在公開されているサーバーにアップロードして上書きすることで、

 

古いバージョンへダウングレードすることが出来ます。

その前に、絶対上書きしてはいけないファイルを削除しましょう。
「wordpress」フォルダに中に下記ファイルがないか要チェックです。

※気づかず上書きすると、データが飛んで今までの記事が無くなります。
バックアップを取ってから実施をお勧めします。

 

・フォルダ:wp-content
・ファイル:.htaccess
・ファイル:.wp-config

 

上記3つのデータを必ず削除しましょう「wp-content」は必ずありますが、
バージョンによっては他2つは無い場合もあります。

3つのデータを削除し終われば、あとはアップロードするだけ

 

FFFTPを立ち上げて、データをアップロードする先を開きます。
まずブログのドメイン名をクリックして「public_html」を開きます。

 

ダウンロードしたデータと同じようなデータが入っていることに気付くはず、
ここに古いバージョンのデータをドラッグアンドドロップします。

「ホストに同じファイルがあります」

と表示されるので「上書き」の「以降全て」をクリックすれば、あとは自動で上書きがされます。
量が多いと10分ほどかかるかもしれないのでお茶でも飲んで待ちましょう。

エラーなくアップロードが出来れば完了です。

WordPressへログイン

 

FFFTPでアップロードが完了したら、WordPressへログインをします。

 

そうすると「WordPressの更新があります」と表示されるのでOKで進めると
ダウングレードしたバージョンの画面に戻っているはず!

設定はこれで完了です。

 

お疲れ様でした。

FTPソフトをつかったアップロードなので慣れないとちょっと怖いですよね。
失敗したらWordPressが見れなくなるとか最悪ですし。

ただ実際やってみてもらえれば案外簡単だったと思います。

最後に

いかがでしたでしょうか。

WordPressのダウングレードは慣れれば簡単なものの、
多少なりとも時間が掛かります。

今後はメジャーアップデートの前は慎重に更新を進めたいと思います。
皆さんもぜひ気を付けてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!たろーでした。

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

たろーの晴耕雨読

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』株式投資、FX、仮想通貨、ネットビジネスで晴耕雨読な生活を目指すブログです。