学ぶ 稼ぐ 楽しむ 「豊な人生を考える」ブログ

【SEO対策】ブログ初心者のキーワード選定方法

こんにちは、たろーです。

 

今回は初心者ブロガーに向けた、キーワード選定の方法についての記事です。

ブログで収益を上げるにはライティングやマーケティングの文章力が大事だったりしますが、
そもそも「読者の目に留まる」必要があります。

 

つまり検索ワードの上位に表示される必要があるわけです。

 

今回は使いやすいツールの紹介をするので、
よければキーワード選定の参考にしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

【SEO対策】ブログ初心者のキーワード選定方法

 

ブログは始めた当初はただ思ったことを記事にするだけで精一杯

最初から毎日更新となるとかなりハードです。

 

私も始めた当初は、何も考えずに「あ、あの事を書こう」「〇〇に行ったことを書こう」
という感じでした。

 

今でも、誰得?みたいな日記のような記事は書きますが、
しっかり収益化するなら、戦略的に記事を書かないといけません。

 

私がよく参考にしているのは、マナブログを書いているマナブさんなのですが、
ブログ運営についてとても勉強になります。

すでにブログだけで月間数百万の利益を上げている凄い方なので、
ぜひあなたも参考にしてみてください。

 

キーワード選定は重要

 

キーワード選定がなぜ必要なのか?

それは、先ほども書きましたが「人の目に留まる」ようにする為です。

 

インターネットで検索されて、自分の記事がクリックされる確率ってどれくらいなのか?

少し前の情報ですが統計がコチラです。

<2017年の検索順位別クリック率>

検索結果:1位 :21.12%
2位 :10.65%
3位 : 7.57%
4位 : 4.66%
5位 : 3.42%
6位 : 2.56%
7位 : 2.69%
8位 : 1.74%
9位 : 1.74%
10位: 1.64%

検索結果1位であれば約2割の人がクリックする結果です。
10以下の結果だとクリックする確率は100人に1人以下になるので、
いかに1位になるか?上位表示されるか?が肝心です。
Googleの検索エンジンは「〇〇したら上位表示する」という正確に答えはわかりません。
ただ、Googleも企業なので利益を上げたいはず、
Googleの利益はたくさんの人が利用し、そこから発生する広告収入です。
より多くの人にGoogleを利用してもらうためには、
検索者が検索したい答えを正確に検索結果に表示する必要がある。
つまり検索されるキーワードを選ぶ、且つ検索した人が知りたい内容を書く
これは大事です。

初心者はニッチなワードを狙う

 

キーワード選定の大切さが理解出来たら実際にキーワードを考えたいのですが、

ライバルの多いビッグキーワードを選ぶのは大変です。
ライバルは色々な方法で上位表示しているので、そこに挑むよりもニッチなキーワードが良いです。

 

新しく始まったサービスや商品など、古株のライバルがいないキーワードや
検索ボリュームがそもそも少ないキーワードだと上位表示されやすい傾向です。

検索ボリュームはあるツールで調べることが出来るのですが、後程紹介しますので安心してくださいね。

 

スポンサーリンク

キーワード選定で使うツール

related-keywordsツール(リレイテッドキーワード)

https://www.related-keywords.com

こちらのWEBツールはGoogleのサジェスト(予測表示)を表示してくれます。

たとえば、ブログと検索するとこんな感じ↓↓

・ブログ
・ブログランキング
・ブログ村
・ブログ おすすめ
・ブログ 収入
・ブログ アフィリエイト
・ブログ 稼ぐ
・ブログ 始め方
・ブログ検索
・ブログ 作り方

ブログのワードを入れて検索する人はどんなキーワードを入力するかがわかります。

 

たとえば「ブログ」というキーワードで上位表示したいのであれば、
まず、上位表示したい「①ブログ」に関する記事を書きます。

そのあとに「ブログ おすすめ」「ブログ 収入」「ブログ 稼ぐ」といった記事を書き、
「①ブログ」に対して内部リンクを張るのが効果的です。

 

Googleキーワードプランナー

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/

こちらは、Google広告に登録すれば無料で使えるツールです。
このツールでは、キーワードの検索ボリュームと競合率を高中低で判定してくれます。

 

広告の登録なのですが、広告廃止の状態にすれば費用はかからず、
このツールのみ使うことが出来ます。

こんな感じ↓↓芸能人のブログがたくさん検索されてますね。

 

ツールでの検索結果を見て、検索ボリュームが100以上、
且つ競合性が「低」を狙っていましょう。

 

ブラウザ上で見るのは大変なのでCSVでエクスポートして
Excelフィルタリング機能を使うと見やすいですよ。

 

goodkeywordツール(グッドキーワード)

https://goodkeyword.net/

こちらも検索結果のサジェストを見ることが出来ます。

related-keywordsツールはGoogleのみですが、ほかのサジェストも確認が出来ます。
個人的に見づらいと思っているので、related-keywordsツールがメインですがコチラも併用してみてください。

使い方はrelated-keywordsツールと同じです。

 

スポンサーリンク

最後に

いかがでしたでしょうか。
キーワード選定の重要性、そしてツールを使っての選定方法について理解できたと思います。
ただの日記としての記事であればこんなことする必要ないですが、
検索を意識した記事であれば、必ずやってくださいね。
私自身、もう少し深く有効なキーワード選定方法を模索しますので
アップデートできそうな情報があれば更新していきます。
では今回はここまで!
最後までお読みいただきありがとうございました!たろーでした。
スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

晴耕雨読な生き方

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』株式投資、FX、仮想通貨、ネットビジネスで晴耕雨読な生活を目指すブログです。