PHPのデータが表示されない/データ受け渡しが出来ない時の対処方法【PHP】

PHP
PHPのデータをサーバーへアップしたけどPOSTのデータが渡されない、画面もエラーも表示されないから対処方法がわからない!

 

そうお困りではありませんか?

本記事ではローカル環境で作成したPHPデータをサーバーへアップロードした際に起きやすいエラーとその対処方法を解説します。

 

スポンサーリンク

PHPのデータ受け渡しが出来ない/画面が表示されない時の対処方法

 

初めてサーバーへPHPデータをアップしたい際にサーバー側の設定、または作成したPHPデータの影響で正しく動作しないことがあります。

筆者もロリポップサーバーで苦戦したことがあるので同じように困っている方のために情報を残して置きたいと思います。

まずはサーバー側の設定からチェックしてみましょう。※サーバーはロリポップで解説していきます。

 

「output_buffering」の設定を見直す

 

output_bufferingはデータの受け渡しに関する設定値です。こちらがONになっているか確認しましょう。

 

ロリポップへログインし、以下の順に進みます。

 

「サーバーの管理・設定」→「PHP設定」

 

 

該当するドメインの「設定」をクリック、または一括で変更するなら一番上の「設定」クリックします。

 

 

下へスクロールすると「■そのほか」の項目があり、その中の「output_buffering」がデフォルトで0になっているのを1へ変更します。

 

変更できたら下部の「php.iniを設定する」をクリックし保存。

もう一度サイトをみて、正しく動作しているかチェックしてみましょう。問題なければここで終了です、お疲れさまでした。

 

改善がない場合は次のステップへ

 

「display_errors」を1にしてエラーから読み解く

output_bufferingを1にしても改善がない場合は、原因を特定するためにエラー表示がされるようにします。

 

同じく「■そのほか」を開き「display_errors」がデフォルトoffになっているのを1へ変更します。

 

変更できたら下部の「php.iniを設定する」をクリックし保存。

サイトを開いてみればエラーコードが表示されているはずです。

 

そのエラーコードから原因を特定して、PHPファイルを修正しましょう。

 

正しく表示されるようになったら

 

設定やPHPファイルを修正して、正しく表示されることが確認できたら「display_errors」の設定をoffへ戻しておきましょう。

万が一エラーが発生してしまった場合、不特定多数の人にエラー内容を公開してしまうことになります。

悪意のある攻撃を受ける可能性もあるので、正しく設定ができたら「display_errors」は元に戻しておきましょう。

 

 

まとめ

 

ロリポップサーバーを利用している方はサーバーの初期設定で「output_buffering」を1へ変更してみる。
改善がなければ「display_errors」でエラー原因を特定して対処する

 

以上です。

参考になれば幸いです。Taroでした。

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

晴耕雨読

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』そんな生活を目指すブログです