学ぶ 稼ぐ 楽しむ 「豊な人生を考える」ブログ

【初心者必見】Word Press 必ず入れたいプラグイン6選!

こんにちは、たろーです。

 

今回はWordPressのおすすめプラグインについて紹介です。

WordPressはプラグインといって色々な機能の追加することが出来て、
自分好みの設定、ブログに変更出来ます。

 

ただ、種類が多すぎて初心者は特に困りますよね。私自身もそうでした。
ということで、下記の内容がわかります。

・とりあえずインストールすべきプラグイン
・セキュリティ対策もバッチリ
・機能やデザイン性も重視したい

 

スポンサーリンク

Word Press 必ず入れたいプラグイン6選!

 

WordPressは無料のテーマがあり、そのテーマによってもともと備わっている機能もあります。

 

なので今回は最低限の6種類を紹介します。

・Jetpack
・Simple301Redirects
・Akismet
・BackWPup
・Table of Contents Plus
・Contact Form 7
無料テーマにはあまり情報がないかもしれませんが、もし有料テーマを購入して
インストールしているのであれば、相性の悪いプラグインの情報も分かります。
もし今回紹介しているものに該当していれば、除外してくださいね。

全部入りプラグイン『Jetpack』

 

Jetpackが初心者にぴったりな理由

 

それはWordPressを使う上で必要な便利な機能がこの全部コミコミで詰まっているから。
使い方も簡単で機能をONにするだけでOKです。

・アクセス解析
・不正ログイン対策
・関連記事の表示

 

など便利な機能がそろっていますよ^^

『Jetpack』インストール

管理画面のプラグインから「新規追加」をクリックし

「Jetpack by WordPress.com」と検索する
そのあとは「今すぐインストール」をクリックして有効化にしてください。

 

『Jetpack』の設定方法

Jetpackを利用するには、ユーザー登録が必要です。

Jetpackを設定」ボタンをクリックすると英文の登録画面になります。
全て入力し終わるとブログの情報が画面に表示されます。
※表示されているブログと連携しますか?の確認画面

「Approve(許可)」のボタンをクリックします。

続いて、プランの選択画面になり3つのプランから選択する必要がありますが、
無料版で十分なので「Start  with Free」をクリックします。ここまで進めれば、

あとはあなた自身の好みの設定をするだけ。

 

 

リダイレクトの『Simple301Redirects』

「Simple301Redirects」で出来ること

Simple301Redirectsは「http」から「https」へリダイレクトするプラグインです。

「http」と「https」の違いはSSL通信をしているかどうかの違いですが、

ブログの閲覧者が「http」で検索しても自動的に
「https」へを飛ばしますよ~という機能です。

しっかりSSL化をしてセキュリティ対策をしているなら、もったいない話なのでしっかり設定しましょう。

 

『Simple301Redirects』インストール

管理画面のプラグインから「新規追加」をクリックし「Simple301Redirects」と検索する

 

『Simple301Redirects』の設定方法

管理画面の「設定」からSimple301Redirectsをクリックします。
ブログのURLが表示されているかと思います。

左側が「http://」から始まるURLを入力

右側に「https://」から始まるURLを入力して変更を保存するだけ

念のため、httpで自信のブログを検索しhttpsへ変更されるか検証してみましょう。

 

 

セキィリティは『Akismet』

「Akismet」で出来ること

Akismetはスパムコメントからブログを守る機能があります。
大事なブログを守るためにも出来るだけ早く設定をしましょう。

 

Akismet』インストール

デフォルトでインストールされています。
もしされていなければ、「Akismet」で検索しましょう。

 

Akismetの設定方法

プラグインの画面上に「Akismetアカウントを設定」というボタンが表示されます。
そちらをクリックすると「Jetpackと連携する」を選択します。

Akismetのホーム画面が表示されるので「ACTIVATE AKISMET」をクリック。

Jetpack同様にプランの選択画面になりますが、
無料版で問題ないので左側の「Get Personal」をクリックします。

画面が変わり、左側にアカウント登録項目があるので記入しましょう。
右側は寄付のゲージなので¥0でいいです。(もちろん寄付してもOK)

 

後に自身のブログURLが表示されて問題なければ、
「Activate this site 」をクリックします。

 

 

バックアップは忘れずに『BackWPup』

「BackWPup」で出来ること

指定の時間にデータのバックアップを取ってくれます。
サーバー契約によっては無料でバックアップを行ってくれますが、
契約によって有料になったりもするので、無料で出来る対策はしておくべき

自身でも行っておくと安心です。

 

BackWPup』インストール

管理画面のプラグインから「新規追加」をクリックし「BackWPup」と検索する

BackWPupの設定方法

インストール後、有効化すると設定画面になります。
「BackWPupへようこそ」という画面になり、「Yes I agree」のボタンをクリックします。

その後、管理画面からBackWPupを選択し「新規ジョブ追加」をクリックします。

一般のタブから設定を行いますが、下記の通り設定してみてください。

 

・ジョブ名:任意の名前(分かりやすいのでOK)
・このジョブは:データベース/ファイルのバックアップとインストール済みプラグイン一覧にチェックを入れる
・アーカイブ形式:Zip
・バックアップファイルの保存方法:フォルダーへバックアップ

 

その他は触らずに、変更を保存します。

 

次にスケジュールタブへ

・ジョブの開始方法:Wordpressのcron
・スケジュラ:毎週月曜日4時 ※アクセスが無い時間帯がオススメ

その他は触らずに、変更を保存します。

 

最後に宛先フォルダタブへ

・ファイル削除:5~10

その他は触らずに、変更を保存します。

 

 

 

目次を自動作成『Table of Contents Plus』

「Table of Contents Plus」で出来ること

記事の始めに目次を自動で表示することが出来ます。
記事のおおまかな内容などが分かることでとても便利ですし、
人気ブログのほとんどが目次を用意しています。

Table of Contents Plus』インストール

管理画面のプラグインから「新規追加」をクリックしTable of Contents Plusと検索します。

Table of Contents Plusの設定方法

管理画面の設定からTOC+をクリックします。基本設定タブから設定していきますが、
「位置」や「表示条件」はそのまま「以下のコンテンツタイプを自動挿入」は下記の通り

・post:投稿ページ

・page:固定ページ

希望に合わせてチェックを付けてみて下さい。また、「見出しテキスト」はもくじをどのように表示するか設定可能です。

目次、もくじ、詳細、コンテンツ などなど

設定が完了したら下部の「設定を更新」をクリック

 

 

 

お問合せページ作成『Contact Form 7』

「Contact Form 7」で出来ること

お問合せフォームを作ることが出来ます。
ブログ読者の問合せや取材、仕事依頼などが来る時のために用意しておきましょう。

 

『Contact Form 7』インストール

管理画面のプラグインから「新規追加」をクリックし「Contact Form 7」と検索します。

『Contact Form 7』の設定方法

インストールが完了すると、管理画面上に「お問い合わせ」が表示されます。
そこからお問い合わせフォームの作成が可能です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

このブログにもインストールしているプラグインばかりです。

Wordressを使ってブログを始めたばかりの頃、右も左もわからない状態から
ネットや本で集めた情報を元にピックアップしてみました。

紹介した以外にも便利なプラグインもありますので、
WordPressに慣れてきたら探してみると良いかもしれません。

あと、自分の好みのプラグインをインストールして検証してもいいですが、
自己判断で試してくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!たろーでした。

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

晴耕雨読な生き方

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』株式投資、FX、仮想通貨、ネットビジネスで晴耕雨読な生活を目指すブログです。