学ぶ 稼ぐ 遊ぶ 楽しむ 「豊な人生を考える」ブログ

【退職代行は違法?】法律的に問題があるのか?デメリットを解説

退職代行を利用しようと調べてみてたら「退職代行は違法」と出てきた。ほんとに違法性があるならコワイし、退職できなかったら最悪。そこのところ実際どうなの?

 

 

そんな疑問にお答えします。

 

本記事は、退職代行の違法性についての解説します。

すべての退職代行が違法なのか?どのような場合に違法になるのか?その結果どんな問題があるのか?デメリットなどを詳しく解説します。

 

・退職代行は違法になのか?
・違法な行為とは?
・違法にならない退職代行は?
・退職代行のデメリット

 

スポンサーリンク

退職代行は違法なのか?

 

結論、退職代行は違法ではありません。

しかし、違法行為をしている退職代行も存在しているのが実状です。

 

違法行為をしている退職代行の会社のせいで退職代行は違法というイメージが付いているのかもしれません。

 

本来、仕事を選んだり、辞めたりすることは自由です。

どんな人でも仕事を辞める権利があるので、会社へ一言「辞めます」と言えれば済むのですが、

言えない環境や辞めさせてもらえない職場で悩む人のために、退職代行というサービスが生まれました。

 

退職代行は「仕事を辞めたい人の代わりに会社へ伝える」ことがメインのサービスです。

 

どんな行為が違法になるのか?

違法行為とは「交渉」です。

日本の弁護士法には、「非弁行為」について以下の法律があります。

 

(非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)
第七十二条 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。
引用元:弁護士法第72条

 

簡単に説明すると、金銭の報酬を得る目的で「法律事務」の業務をしていいのは弁護士だけですよ。

というもの、ちなみに「法律事務」には訴訟や調停、示談の交渉が該当します。

 

退職代行を利用してスムーズに事が進めば問題ありませんが、退職したい人と会社との間でモメ事が起きた場合には「交渉」をする必要がでてきます。

 

退職代行は「弁護士事務所」「労働組合」「株式会社」の3種類に分けられます。

その中でも、弁護士事務所のみが「交渉」が可能です。

そのほかの退職代行が会社と「交渉」行為をすると、それは違法になってしまいます。

 

非弁行為の罰則は二年以下の懲役又は三百万円以下の罰金です。

この法律を違反してしまうと、退職代行の会社が罰則を受けるので、あなた自身には被害はありませんが、

そのように問題となった場合、スムーズな退職はできないでしょう。

 

 

違法にならない退職代行とは?

 

違法にならない退職代行とは?

退職代行は3つの種類があることを紹介しました。ケースごとに対応できることをまとめると以下のとおり。

退職代行 退職を伝える 交渉
労働組合
株式会社
弁護士事務所

 

労働組合運営の退職代行

労働組合は、日本の法律のもと運営されていることがほとんどで信頼性が高いのが特徴です。

費用も平均的な相場で利用できるのでコスパが良いですが「交渉」はできません。

給料未払いや残業代の請求、その他の交渉が必要になったり、損害賠償を請求された際はお手上げです。

 

株式会社運営の退職代行

株式会社は、費用やサポートなど色々な種類があります。

十数年の実績がある会社や退職実績100%の会社などあるので、自分が求める条件で選ぶとよいでしょう。

一部格安の退職代行でトラブルの口コミが多いので安さばかりで選ぶと後悔するかもしれません。

労働組合同様に「交渉」はできないので、会社へ退職を伝えて調整する専門です。

 

弁護士事務所の退職代行

なんでも出来るのが弁護士事務所の退職代行です。

先述しましたが弁護士事務所は法律のプロなので会社側も、スグ対応してくれるでしょう。

万が一交渉が必要になった場合も安心して任せることができますが、その分費用も高いです。

通常の退職代行は平均2~3万円のところ、2倍の5万~が相場です。

 

 

退職代行のデメリット

 

ここまで、退職代行の違法性について理解できたと思います。

でもまだ、退職代行の実態がわからず「利用するのは不安」と思っていませんか?

 

少しでも不明点を解消するためにも、退職代行のデメリットも解説します

 

退職代行のデメリットはコチラ

・費用が掛かる、または高い
・職場の人との縁が切れる
・悪徳な退職代行を利用してしまう
・仕事を簡単に辞めてしまうクセがつく

 

費用が掛かる、または高い

普通に仕事を辞めれば金はかかりません。

通常は掛からない費用が、退職代行を利用すれば最低でも数万円が飛んでいきます。

代わりに会社へ伝えてくれるというメリットと共に、お金を払うというデメリットでもあります。

 

職場の人との縁が切れる

退職代行を利用して会社を辞めれば、少なからず迷惑が掛かっているはず、職場の人に悪い印象を残します。

辞めた後も連絡を取りたい人がいるかは疑問ですが、ほぼ間違いなく縁が切れることを覚えておきましょう。

 

悪徳な退職代行を利用してしまう

申し込んで費用も払ったのに対応が遅い、契約時の話しと違う、退職失敗などなど

評判の悪い退職代行を利用してしまうと、自分で仕事を辞める以上に大変な目にあう可能性があります。

実績の公開をしていない会社や費用が安すぎる会社には注意しましょう。

 

仕事を簡単に辞めてしまうクセがつく

退職代行を申し込むと、当日から仕事へ行かなくても良いです。

言いづらいことや面倒もすべてお任せできるので退職が「めっちゃラク」です。

仕事を辞めるのが大変だからこそ、継続できた苦労など無いので、嫌になればスグ辞めると悪いクセが付くかもしれません。

 

その他にも退職代行の詳細やメリットの情報はコチラ

関連記事

仕事辞めたいけど会社に言いづらい。ネットで検索したら「退職代行」が目についたけど、退職代行って何?どんなサービスなの?利用するメリットやデメリットを教えてほしい。     そんな疑問に答えます。[…]

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

退職代行の違法性、どんな時に違法になるのか?その注意点について解説しました。

 

最後にまとめるとコチラ

・退職代行は「交渉」をすると非弁行為となり違法の可能性がある
・「交渉」とは、未払い/残業代/有給/訴訟などの話し合いを指す
・「交渉」できるのは弁護士事務所の退職代行のみ
・その他の退職代行は「退職したいと代行して伝えるだけ」
・でも弁護士事務所の費用は高い
・あなたの状況に合わせて退職代行を選ぶことが大事

 

といった感じです。

 

退職代行を利用する罪悪感や不安感があるかもしれませんが、

メールやLINEで無料で相談ができるので連絡してみたらカンタンに退職ができるとわかります。

申し込むかは別として気軽に相談してみてもいいかもしれません。

 

今回はここまで、最後までお読みいただきありがとうございました。たろーでした。

 

関連記事

退職代行をお願いするか迷っている。色々な会社があるしどこが良いのか分からない。費用は安い方がいいけど、しっかり対応して欲しいし、違いを分かりやすく教えてほしいな。     そんな疑問に答えます。[…]

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

たろーの晴耕雨読

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』株式投資、FX、仮想通貨、ネットビジネスで晴耕雨読な生活を目指すブログです。