学ぶ 稼ぐ 遊ぶ 楽しむ 「豊な人生を考える」ブログ

小学生でも理解できる株の仕組み【株式投資ってなに?】

投資といえば株式投資だけど、そもそも株ってなんだろう?簡単に仕組みを勉強したい。

 

そんな疑問や問題について解説します。

 

本記事では、株式投資初心者の方や株の仕組みを理解したい方向けです。

小学生でも理解できるようにわかりやすく下記内容について解説します。

・株が発行される仕組み
・儲けの仕組み
・株式で稼ぐ方法
・基本の知識について

 

ではさっそく解説です。

 

スポンサーリンク

小学生でも理解できる株の仕組み【株式投資ってなに?】

私は株式投資の経験は3年ほどです。

積極的に売買するのではなく、長期保有で株式配当や優待をメインで狙っていました。

・配当率が良い株
・魅力的な株式優待
・単純に好きな会社、応援したい会社

 

残念ながら株式投資のみで生計を立てられるような実力はありませんが、基本的な知識は理解しているつもりです。

 

そんな私だからこそ、初心者目線で説明や解説が出来ると思うので、リラックスして気軽に読んでいただければと思います。

 

 

そもそも株って何?

会社が関係してると思うけど、そもそも株ってなんなんだろう?

 

一般的に「株」と呼ばれるものは、正しくは「株券」です。

 

株券を購入した人のことを「株主(かぶぬし)」と言います。
つまり「株」とは会社が発行する「券」だと思ってもらえれば大丈夫です。

 

商品券や引き換え券ってありますよね。
商品券なら利用出来るお店で物と交換出来たり、図書券なら本と交換出来ます。

 

では、株式会社が発行する「株券」は「株主」にとってどんなメリットがあるか?
それが「配当」と「株主優待」です。

 

 

配当ってなに?

 

「配当」とは会社が儲かり利益がたくさん出たら、その分け前として「株主」にお金を「分配」する仕組みです。

 

会社の業績によって配当金額が変わります。

 

去年は配当金が5%だったけど、今年は業績がいいから8%になった。など
また会社によっては「配当」が無い株券もあるので購入する際は検討が必要です。
※銀行預金とは異なり確約で一定のお金がもらえるわけではありません。

 

株主優待ってなに?

「株主優待」とは、現物の配当と思ってもらえれば大丈夫です。

「配当」は現金だったのに対して、「株主優待」はその会社の商品や割引券、引換券などがあります。

たとえば。。

・飲食系の会社であれば食事券
・ショッピングモール系なら割引券
・食料品の会社なら自社の商品

 

などなど多岐にわたり、結構面白い株主優待もあったりします。

自分の好きな商品を販売している会社が株式上場しているのであれば、その商品や割引券が手に入るかもしれません。

 

といった感じで「株」とは、会社に対してお金を投資しましたよという「お金を出した証拠の券」ということです。

配当や株主優待は年1~2回で会社によって付与のタイミングが異なります。

株が発行される仕組みとは?

株ってどんな会社でも発行できるの?どうやって売買するの?

 

株が発行される仕組みについて解説していきます。

 

株というのは会社の経営陣や家族などの身内で発行、保有することは出来ます。

投資家などの一般からの購入してもらい資金を調達したい場合は「証券取引所」に登録する必要があるんです。

 

聞いたことがないでしょうか?

「旦那は東証一部上場の企業に勤めてます」とか「上場企業の社長です」とか。

その「上場」というのが「証券取引所」への登録を表しています。

 

日本国内の証券取引所はこちらです。

・東京証券取引所
・名古屋証券取引所
・札幌証券取引所
・福岡証券取引所
※大阪証券取引所は東京証券取引所と合併し、現在は大阪取引所となってます。

 

 

証券取引所の中でも、「一部」「二部」「その他呼び方」で分かれています。

ちなみに「一部」が一番審査が厳しく上場が難しいので、東京証券取引所の「一部」に上場している会社は誰もが知っている大企業が多いです。

 

株式会社が「株」を売買できるようにするには、証券取引所への上場が必要ということです。

株を投資家が買うことによって、そのお金は会社の運営資金になり新しい事業や新商品の開発などが出来るようになります。

 

 

株式投資はどうやって儲ける?

株式投資はどうやってお金を儲けるの?

 

株式投資で利益を得る方法は大きく2種類です。

専門用語ですが「インカムゲイン」と「キャピタルゲイン」

 

インカムゲイン

インカムゲインとは?「Wikipedia」ではこう書いてあります。

インカム・ゲイン(和製英語: income + gain、英語では「investment income」が一般的)とは、株式の配当、預金や債券等の利息、投資信託の収益分配金等の利益のことである。 ※引用 Wikipedia

 

 

先述した「配当」や「株主優待」が該当します。

簡単な覚え方としては「保有しているだけで増える利益」です。定期預金などの利息などもインカムゲインと言えますね。

数億円の資産を持っている人なら、株式投資のインカムゲインでサラリーマンの年収ぐらいなら簡単に稼ぐことが出来ます。素敵です。

 

キャピタルゲイン

キャピタルゲインとは?こちらも「Wikipedia」から拝借

キャピタル・ゲイン(capital gain)とは債券や株式、不動産など資産価値の上昇による利益のことを言う。購入価格(から購入経費を差し引いた額)と売却価格(から売却経費を差し引いた額)の差による収益 ※引用 Wikipedia

 

 

株は為替や不動産のように価格が変動します。1株当たりいくらといった感じです。

キャピタルゲインは購入価格よりも高い価格で売却することで出る利益を指します。

 

簡単に説明すると「高く買って、安く売る」時の利益ですね。

 

 

たとえば、1株=100円の時に100株購入したとします。あなたが持っている株の価値は1万円です。

1株=100円
100円 × 100株 =10,000円

 

その会社の株が、1株=1,000円に急騰しました。あなたの株の価値は10万円になります。

1株=1,000円
1,000円 × 100株 =100,000円

 

 

このタイミングで売却すると9万円の利益となりますよね。これがキャピタルゲインです。

細かい話をすると、信用売買という方法もありますが簡単な内容ですが後述します。

 

 

どうしたら株価が上がる?下がる?

株価ってどうやって決まるの?上がるとき下がるときはどうなの?

 

価値というのは「限られた量」に対しての「需要と供給」のバランスで決まります。

 

株も同じです。

 

株には発行枚数が決まっているので限りがあります。会社の方針で発行枚数を増やしたり減らしたりすることもありますが無限に発行することはありません。

 

それを踏まえて、価格が上がる時とはどんな時なのか?

 

たとえば。。1株=500円のA社というゲーム開発会社があったとします。

 

A社は最新のゲームを開発しましたが新発売なので人気はまだありません。この時株価は変わりません。
ただ発売されたゲームが面白ければ、たくさん売れますよね。そうするとA社の業績は上がります。そうするとこう考えるひとが増えます。

 

このゲームはVR対応で流行を先取りしているな、面白いしこれから人気が出そう
A社はたくさんゲームを販売して業績も上がり、株式の配当も増えたとします。そうするとこう考える人が増えます。
配当が高くなった、これからもっと人気が出そう!今のうちに株を買っておこう

 

こうなると「1株=500円」で買いたい人が増えます。
株には限りがあるので価値が上がり「1株=510円、520円、530円」と株を買いたい人が増えれば増えるほど、株価は上昇します。

 

逆に株価が下がるときも同じです。

なんらかの要因で株を保有していた株主が「この株もういらなーい」と売却し始めると株価は下がります。

株価はさまざまの要因で上がったり下がったりするので、あくまで例として挙げさせてもらいました。
簡単な覚え方は「株が欲しいと思っている人が多ければ株価が上がる、逆にいらないと思う人が多ければ株価は下がる」です。

 

どうやって株を売買するのか?

 

株の売買する方法はかんたんです。

私達のような個人投資家は、証券会社の登録がないと株を買うことが出来ません。

 

証券会社の口座開設

証券会社はたくさんありますが、簡単に開設できるネット証券がおすすめです。

証券会社によって手数料の違いや取扱いしている株の種類も異なるので、初めのうちに数社登録しておくと良いです。

 

5年間の当時に「SBI証券」「マネックス証券」「カブドットコム証券」の3つの口座開設をして、あとから「楽天証券」を開設しました。

日本株は「SBI証券」をメインに使っています。海外株は「楽天証券」がいいです。

 

公式サイトの口座開設のページはこちらが簡単です。

DMM株

SBI証券

GMOクリック証券

LINE証券

単元株

株を購入するとき、売却するときは「1株ずつ」「100株ずつ」「1000株ずつ」と購入株数が決まっています。

 

これを「単元株」と言います。

基本は「100株ずつ」の購入ですが、会社によって異なるので実際に購入する際に気が付くと思います。

 

株価が1株=100円だった場合。

単元株によっては、100円単位で買える場合、1万円単位で買える場合、10万円単位で買う場合があるということです。

 

現物・信用の売買

先述で少し話がでましたが、株の売買には「現物と信用」の2種類があります。

 

「現物」とは、言葉のとおり証券会社の口座に入っている金額を元に株を売買する方法です。

購入した株の株価が上がれば、利益が出て嬉しいですが、もし株価が下がれば損失となります。

損失が出た時は悲しいですが、入金したお金以上にお金が減ることはありません。あなたが買った物の値段が下がっただけで値段が下がったことによって誰かにお金を払うことは無いからです。

 

その反面「信用」とは、証券会社の口座に入っている金額 + 証券会社にお金を借りて株の売買をする方法です。

現物での売買では口座には100万円しかなければ200万円の株を買うことは出来ません。

しかし信用売買では「最大3.3倍」まで証券会社から借りることが出来ます。レバレッジやテコと言ったりします。

 

現物と信用の違う点

「現物取引で100万円の売買」「信用取引で口座の100万+保証金200万の300万円」で売買した場合の結果を式で表します。

 

結果はB社という株を購入したが購入株価が半分になってしまったとします。価値が半分なら意味は同じでは?と思うかもしれませんが下記のような結果となります。

 

<現物取引の売買>

100万円 ÷ 2 =50万円

価値:100万円 ⇒ 50万円
証券会社から借りたお金:0円
手元に残ったお金:50万円

 

<信用取引の売買>

300万円 ÷ 2 =150万円

価値:300万円 → 150万円
証券会社から借りたお金:200万円
手元に残るお金:-50万円

証券会社へ200万円返さないといけないので、手元の150万円を払ったあとに追加で50万円を入金しなければいけない。

 

信用取引は大きく利益を出すことも出来ますがリスクも大きくなります。

そのことを理解したうえで売買をする必要があるので初心者は現物取引でスタートしましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

 

今回解説した内容は、初歩的な内容ばかりでしたが少しでも理解が深まれば幸いです。

株式投資は投資対象が「会社」という点から、より身近に感じることが出来ます。

好きな商品やサービスの会社株を買ってみることも出来るので面白みがあります。

 

また、ほかの投資に比べて国の税制も優遇されているのでコスパがいいです。

 

最近はスマホから簡単に株を売買することが出来る時代なのでもし興味があるなら初めてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。たろーでした。

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

たろーの晴耕雨読

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』株式投資、FX、仮想通貨、ネットビジネスで晴耕雨読な生活を目指すブログです。