【株式投資】株の税金はいくら?確定申告は必要なの?

株で利益が出た!そういえば税金はどうしたらいいのかな?申告漏れとか確定申告も分からないちょっと不安かも。。

 

そうお悩みではありませんか?

 

どーも、株トレーダー(自称)たろーです。

 

こちらの記事では、

株式投資の利益に対する税金について

詳しく解説します!

 

・課税金額と利率
・確定申告と特定口座
・NISAなど非課税枠について

 

では、さっそく解説です。

 

スポンサーリンク

【株式投資】株の税金はどうすればいいの?

 

はっきりいって、税金って嫌ですよね。

出来れば払いたくない。

 

私たちリーマンのような給与所得の場合、

頑張って働いて、稼げば稼ぐほど税金が高くなる。

なぞの労働意欲が削がれる仕組みです。

 

とはいえ、払わない選択肢はありません。

脱税ダメ!絶対!!

 

前置きが長くなりましたが、

実は株式投資の税率は一律なんです。

 

 

働いて稼ぐよりも、株で儲けた方がコスパがいい。笑

株式投資の税率や課税額について後述していきます。

 

いくら利益が出たら税金がかかる?

いくら利益が出たら税金を払う必要があるの?

 

まず、会社員やアルバイトなど給与所得がある人と、

主婦や個人事業主など給与所得がない人で金額が変わります。

 

給与所得ある人 給与所得ない人
20万円 38万円

 

1年を通して、

20万円または38万円を超える利益

が出たら税金をはらうことになります。

 

利益は「キャピタルゲイン」である、

株の売買で得た利益。

 

「インカムゲイン」である、

株式配当金と株主優待で得た利益です。

 

 

「株の売買」で得た利益と「株式配当」で得た利益は、

イメージしやすいですが

「株主優待」で得た利益がちょっと異なります。

 

株主優待は、現物だったり

割引券、商品券、会員特別優遇だったり

お金に計算するのが難しかったりします。

 

別の記事で詳しく解説したいと思いますが、
基本は下記の20万円、38万円で覚えておきましょう。

 

給与所得ある人 給与所得ない人
20万円 38万円

 

税金の利率と種類

 

続いて「払う金額」について

株式投資の税金は一律20.315%となります。

 

内訳はとしては「所得税」「住民税」があり

所得税が15.315%、住民税が5%

合計で「20.315%」です。

 

給与所得のように稼げば稼ぐほど課税される

累進課税ではありませんので、

投資としてのコスパが良いです。

 

ちなみに株式優待はこれに該当されず、

「雑所得」として区分されます。

なので最大で55%(所得税45%+住民税10%)の課税となります。

 

余談ですがFXや仮想通貨の利益は雑所得扱いです。

 

 

1年間で利益が発生したら、

翌年の春に税務署で確定申告し税金を支払う必要があります。

 

だいたい2月中旬から3月中旬で、その期間内に申告します。

 

給与所得や不動産所得がある場合、

そちらの所得とは切り離して「申告分離課税」で申告しましょう。

 

 

確定申告不要?特定口座とは

確定申告って難しそう、良くわからないし面倒だなー

 

そんなあなたも大丈夫!

 

確定申告を自分でしなくてもいい方法があります。

それが「特定口座の源泉徴収ありを選択する」です。

 

 

証券会社の口座には2種類あります。

「特定口座」と「一般口座」です。

 

違いはこんな感じ↓

特定口座(源泉徴収あり) 特定口座(源泉徴収なし) 一般口座
確定申告 不要 必要(報告書あり) 必要(すべて自分)

 

一般口座

一年間の収支計算からすべて自分で行い

確定申告をする必要があります。

手間も時間もかかるのでおすすめしません。

 

 

特定口座

特定口座には「源泉徴収のあり・なし」があります。

 

「源泉徴収あり」では、

収支計算から確定申告まですべて証券会社がします。

つまり自分で確定申告が不要

 

 

「源泉徴収なし」では、

確定申告は自分で行う必要がありますが、

収支計算の報告書の作成まで証券会社が行ってくれるので

自分でも比較的簡単に確定申告が出来ます。

 

 

株式投資初心者、確定申告が面倒な方は、

特定口座で源泉徴収ありの一択です。

 

 

NISAについて

 

税金で忘れてはいけないのが

NISAです。

 

NISAとは2014年から始まった

非課税で投資が出来る制度です。

 

非課税に出来る金額や期間が限られていますが、

投資初心者など、

少額から投資を始める方にピッタリといえます。

 

まとめるとこんな感じ↓

対象年齢 20歳以上
非課税枠(金額) 120万円
期間 最大5年間
投資対象 株式投資・投資信託
メリット 合法に節税が出来る

 

 

勘違いしがちですが、

120万円の利益が非課税になる訳ではなく、

120万円の投資で得た利益が非課税になる

 

というものです。

 

 

たとえば、

500万円分保有していた株が、
650万円になって売却した
利益は150万円だから、そのうちの120万円は非課税で課税は30万円だけだ!
は間違い。

 

120万円で購入した株が、
3倍の360万円になった。売却して利益は240万円
240万円は非課税となる!

は正しいです。

 

 

次に「つみたてNISA」です。

こちらは投資信託での利益が非課税になる制度です。

毎月積み立てで購入した金額で得た利益に対して非課税なので

株式投資では利用出来ません。

 

まとめるとこんな感じ↓

対象年齢 20歳以上
非課税枠(金額) 40万円
期間 最大20年間
投資対象 投資信託
メリット 長期間でコツコツ派

 

 

「NISA」と「つみたてNISA」で違いがありますが、

同時に利用することは出来ません。

 

株の売買をせず、投資信託のみ投資するなら「つみたてNISA」で良いでしょう。

 

 

ちなみに現在の「NISA」は、

2023年で終了となります。

 

まだNISAを試してないのならお早めに!

2023年から5年間は非課税枠が使えます。

 

2023年以降は非課税で投資が出来ないのか?

というわけではありません。

 

 

2023~2028年では「新NISA」が始まり

大きな違いは非課税枠が、

120万円から102万円へと減額されます。

 

詳しくは証券会社へ問い合わせするか、

下記金融庁サイトに掲載されてます。

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか。

株式投資で儲けたら粛々と納税する。

うっかり脱税とならないように注意しましょう。

 

今回紹介した、

特定口座や源泉徴収ありへの変更は

証券会社で簡単に変更できるので、

確定申告したくない方は、一度確認してみて下さいね。

 

今回はここまで!

最後までお読みいただきありがとうございました!たろーでした。

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

たろーの晴耕雨読

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』株式投資、FX、仮想通貨、ネットビジネスで晴耕雨読な生活を目指すブログです。