【一人暮らし】これさえあればOK!ズボラ飯【旨い】

こんにちは、たろーです。

 

今回は一人暮らしの方のためのズボラ飯と料理上達のコツをまとめました。

こんな方におすすめですよ↓↓

・自炊でおいしい料理が食べたい
・レシピに頼らず、料理が上手くなりたい
・旨いズボラ飯が知りたい
私は20歳から一人暮らしで自炊を約10年
そのほかに飲食経験が通算5年ほどで基本的になんでも作ります。もちろんたまに失敗しますけど。笑
ただ、有り合わせの食材で、しかも時短で作った料理でも
パートナーからの評判がいいです。

ではさっそく解説していきますね!

 

スポンサーリンク

【一人暮らし】これさえあればOK!ズボラ飯

 

一人暮らしだと、コンビニ弁当や外食が増えますよね。

でも身体に悪いし、自炊よりもお金が掛かります。



自宅でおいしい料理を作るにしても、レシピも食材選びもなにもわからない。

とくに男性ならそんな人が多いのではないでしょうか。

 

もちろん、男性女性問わず料理経験がなければそうなっていまうのはあたりまえで
恥ずかしいことではありません。これから覚えていけばいいだけのことです。

 

特に料理スキルを上げるとこんな良いことがあります。

・料理時間が短いので他のことに時間が使える
・単純にごはんが美味しい
・異性にモテる
どうでしょうか。
ちょっとやる気になってきましたか?

そんなあなたに「これさえあれば応用効きまくり」の調味料と調理方法を伝授!

 

揃えておきたい調味料一覧

 

<常備>
・ウェイパー/シャンタン
・コンソメ
・みりん
・料理酒
・めんつゆ
・にんにく(チューブ可)
・しょうが
・クレイジーソルト(ハーブ塩)
・片栗粉
・味のもと(うま味調味料)
<必要な時に>
・焼肉のたれ
・バター
・オリーブオイル
・ごま油
<食材>
・トマト缶
・ツナ缶
※塩、さとう、こしょう、しょう油はどの家にもあるので除外しました

ウェイパー/シャンタン

ウェイパーやシャンタンは中華料理店でも使われています。
鶏がら系のうま味があるので中華風にしたいのであればコレ一個で味が決まります。

一缶500円ほどですが、めちゃ使えます。

 

コンソメ

コンソメも常備しておくと助かります。うちでは固形の30個入りを買ってますね。
値段もそこまで高くなくてジップ付きで保存しやすいです。

スープ、カレー、ソース系なんでも応用出来ます。

 

みりん/料理酒

「みりん」と「料理酒」があれば煮物や鍋、和食は応用できます。
1リットルで200~300円なのでおいしい和食が食べたいなら常備必須

 

めんつゆ

めんつゆは主に汁物系に使えます。うどん、そば、鍋もの
だしを取るのが面倒なら味噌汁にもチョロっといれるうま味が増します。

 

にんにく/しょうが

「にんにく」と「しょうが」は個人的に好きなので入れちゃいましたが、
肉料理には「にんにく」、魚料理には「しょうが」が合います。

健康にもいいのでぜひ常備いたい調味料です。

 

クレイジーソルト

クレイジーソルトなどのハーブソルトも1本あるとより「それっぽく」なります。
使い道は「洋」ですが、アヒージョや肉料理に活躍します。

ちょっと高めなので安い「マジックソルト」でもOK

 

片栗粉

片栗粉は「とろみ」をつける素材ですが、ゾボラ飯なので
本格的な調理で出る「とろみ」を簡単に出すことができます。

和洋中すべてに使えるし、なにより安いので常備必須

 

味の素

うま味調味料といえば、味の素ですね。
単体で舐めると変な味ですが、料理で使うと旨みが出ます。

個人的に卵かけごはんは「しょう油」と「味の素」で決まります。

 

焼肉のたれ

「焼肉のたれ」は焼肉以外でも活躍します。
たれの甘味と辛みが肉料理や野菜料理に合ます。

簡単に牛丼とか親子丼を作りたいときに使うと意外と旨いです。

 

バター

バターは肉料理やソース系でコクを出したいときに使います。
常備する必要はないと思いますが、
ちょっと贅沢にとか料理を振る舞うときには検討してみてください。

 

オリーブオイル

私はサラダ油を使わないので基本、オリーブオイルです。
オリーブオイルは身体に良いだけでなく、洋食やちょっとしたアクセントにも使えます。

フランスパンとオリーブオイル、塩またはバルサミコとかで
優雅な朝食とってみるのもたまにはいいかも

 

ごま油

ごま油は、中華はもちろん和食でも十分使えます。
野菜のナムルなど常備菜作りや単純に豆腐にかけてとか
使い道は無限

ごま油って食欲そそりますよね。

 

トマト缶

できれば常備しておくといいかなと思います。
パスタやスープでトマト風味にしたいときに1缶あれば事足ります。

味付けはコンソメが活躍するので、コンソメも忘れずに

 

ツナ缶

そのまま食べても、調理しても旨いですよね。
使い道も無限にあるので常備しておくといいですよ。

 

各素材で和・洋・中感が出る

 

和食はだしが基本の料理が多いです。

なので活躍するのが「めんつゆ」「みりん」「料理酒」「さとう」「塩」です。
基本この素材たちを使えば味がまとまります。

ここにほかの調味料をいれると不味くはなりませんが和食からは離れます。

基本は「めんつゆ」と「塩」で味を決めて、うま味が欲しければ「みりん」か「料理酒」でOK
もっと甘味が欲しければ「さとう」です。

「甘味」は「うま味」ということを覚えておきましょう。

 

洋食は、料理によって使う素材が異なります。
ただ活躍するのはやはり「コンソメ」です。

スープやソース系にも使える分どんな料理にもつかえる汎用性があります。
その他、使う食材に合わせて香辛料やオイルを分けてみてください。

ハーブ系ならクレイジーソルトが活躍します。

 

中華はもっと簡単です。「ウェイパーかシャンタン」があればなんでも中華です。笑

酢豚やエビチリなどのお酢やケチャップ、オイスターソースを使う料理には
似せることが出来ませんが、チャーハンや炒め物、スープはこれだけでOK

 

 

ズボラ飯(和)

名付けて「他人丼」の作り方

①まず、ごはんを炊いて、
冷蔵庫に残っている食材の中から2~3個食材を選びます。
※出来れば肉系1個、野菜1~2個選ぶ

②食材を適当なサイズにカット、適当がわからなければ
1~2センチ幅でOKです。

③小さ目のフライパンでカットした食材を炒めて軽く焦げ目をつけます。

④「みりん」「料理酒」「めんつゆ」を「1:1:0.3~4」ぐらいの割合で
③で炒めた食材が浸るくらいまで入れます。

⑤煮立って、食材に火が通ったかな?くらいでちょっと味見をして
味が薄ければ塩をお好みでいれ、卵を溶き流し込みます。

⑥卵が半熟の状態で火を止めて、丼ぶりごはんの上に乗せます。

完成!見た目は悪いかもしれませんが、味はちゃんとしてるはず。笑

 

ズボラ飯(洋)

洋なのか疑問ですが、アヒージョの作り方

①アヒージョしたい食材を買って、一口大にカット
※お肉なら150gくらい、キノコやエビなら手鍋がモリモリにならないよう注意

②小さ目のフライパンにオリーブオイルを入れる
※フライパンの容量に対して3分1ほど

③ニンニクを1~2欠片を適当にカット、みじん切りよりちょっと大きいくらい
ニンニクチューブでもOK

④刻んだニンニクをフライパンに入れる、中火か弱火で
ゆっくり火を通す、この時に焦げないよう注意が必要
※ニンニクチューブだと油が跳ねる可能性があるので弱火を推奨

⑤いい香りがしてきたら、①の食材を入れます。
火が通ってきたら、クレイジーソルトをお好みで味の調整は塩でOK

完成です、たったこれだけで美味しいアヒージョが食べられるので
お店に行く必要なし、フランスパンを忘れずに

 

ズボラ飯(中)

シャンタンが活躍します。

何にでも応用できる「あんかけ」の作り方

①冷蔵庫で残っている食材を2~4個選びます。

②すべて同じ大きさに揃えてカットします。
大きさは1~2センチ幅でOK

③大き目のフライパンに油をいれ、②の食材をいれます。
焦げ目がつかないように注意

④ある程度食材がしなって来たら、お水を入れます。
食材がちょうどヒタヒタになる程度でOK

⑤沸騰してきたら「シャンタン」を適量いれます。
※ズボラ料理は計量しないので感覚で覚えてください。
最初は少な目で、薄ければ足してみましょう。

⑥味が決まったら片栗粉を準備、
お茶碗でいうと半分くらいまで水をいれてその半分くらいの量の片栗粉をいれます。

⑦食材が沸騰してきたら⑥で溶いた「水溶き片栗粉」を混ぜながらすべて入れます。
※フライパンに入れたらすぐフライパンの食材を混ぜます固まりになるのを防ぐため

⑦好みのとろみになったらOK、足りなければ「水溶き片栗粉」の手順をもう一度

⑧最後にしょう油を少しいれて、ごま油もフライパンに人回しします。

完成です。ごはん、麺などいろいろな食材にかけて美味しくいただけます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

少しでも参考になれば幸いです。

個人的に、料理の上達は「味の想像」「実際にどんな味になったか?」
繰り返しながら感覚として身に着けていくものだと思います。

 

一流の料理人も毎回レシピを見ていませんし、家庭料理ならなおさらです。

料理もビジネスも何事も「トライアンドエラー」が大切ってことですね。

ぜひ一度お試しください。

最後までお読みいただきありがとうございました!たろーでした。

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

たろーの晴耕雨読

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』株式投資、FX、仮想通貨、ネットビジネスで晴耕雨読な生活を目指すブログです。