学ぶ 稼ぐ 遊ぶ 楽しむ 「豊な人生を考える」ブログ

【お宮参り】熱田神宮でお参り・宮きしめんの感想

こんにちは、たろーです。

 

 

今回は朝のお散歩の距離を伸ばして「熱田神宮」へ行ってきました。
身近にあるからこそ行く機会が無かったですが、格式高い神社です。

伊勢神宮、明治神宮、熱田神宮と並んで有名ですよね。

こちらの記事では下記を紹介しています。

・熱田神宮の成り立ち
・名物の紹介
・アクセスや詳しい情報

ではさっそく紹介です。

 

スポンサーリンク

熱田神宮でお参り・宮きしめんの感想


※ご神木の大楠の木です

熱田神宮は愛知県名古屋市熱田区にある神宮です。

古事記などで有名な三種の神器
「八咫鏡(やたのかがみ)」「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」
「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」のうち

 

「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」をご神体として祀った神社です。

 

境内はかなり広く、一周りするのに早くても30分
正月など混む時は1時間以上はかかります。

そして名物の食べ物やマスコットもいるんですよ。
緑も多いので散歩に丁度いいところです。

 

熱田神宮とは?

歴史

実は、熱田神宮は最初から「神宮」だった訳ではなく、
最初は「熱田神社」として誕生しています。

建てられた時期は諸説ありますが「大化2年」西暦646年という情報があり、
1000年以上の歴史がある神社ということですね。

 

熱田神宮は「草薙神剣」が祀られているわけですが、
ゆかりのある人物として「日本武尊(やまとたけるのみこと)」が深く関わっています。

 

古事記を読んだことがある人はご存じかと思いますが、
「日本武尊」はめちゃくちゃ強かったらしく、
父の指示で派遣された場所を力で治めまくったという歴史が残っています。

その「日本武尊」が、伊勢神宮の叔母のところへ立ち寄った際にもらったのが「草薙神剣」です。
伊吹山の悪い神を討伐に向かった時に「草薙神剣」を持たずに行ったことが原因で亡くなります。

 

113年、伊勢の能褒野(のぼの)で亡くなり
686年に熱田神社に祀られ、そこから歴史上の人物が訪れ歴史を残し
だいぶ時が流れて、1868年に「神宮号」を経て「熱田神宮」へと変わりました。

その後も戦争の空襲で被災、その後再建などもされています。

古事記にゆかりのある神宮なので天皇家とも深い関わりがあります。
実際に「明治天皇」「大正天皇」「昭和天皇」が参拝し

私が散歩してたころはちょうど生前退位で令和天皇を祝っていました。

祀られている神様

伊勢神宮など大きな神社には、神様が複数祀られていますよね。
熱田神宮も同じです。

 

御祭神:「熱田大神」

まず主として祀られている神様が「熱田大神」です。
三種の神器の一つである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を
御霊代(みたましろ)・御神体としている「天照大神」のことを指します。

 

 

御霊代:「草薙神剣」

皇位継承のみしるしである三種の神器の一つですね。天皇が変わるタイミングで
必ず使われるらしいですが、実はレプリカらしく天皇ですら実物を見たことがないらしいです
ホントに存在しているのか?気になりますね。

 

 

相殿神:※たくさんいます。

「あいどのしん」といい「草薙神剣」に関わりの深い神様を祀っています。

・天照大神(あまてらすおおかみ)
・素戔嗚尊(すさのおのみこと)
・日本武尊(やまとたけるのみこと)
・宮簀媛命(みやすひめのみこと)
・建稲種命(たけいなたねのみこと)

 

 

宮きしめん旨い

名古屋といえば「ひつまぶし」ですが、熱田神宮に近くには
ひつまぶしの有名な「蓬莱軒」があります。

そして境内には名物のきしめんがあります。ちょうど小腹が空いていたので
いただくことにしました。

 

ちなみにメニューはこんな感じで、きしめんにしてはいい値段です。

 

ちまき(300円)も美味しそうだったので、
宮きしめんとちまきを注文、七五三の日だったのか人が多かったですが、
待つことなく出てきました。

ちなみに温かいお茶がセルフサービスです。

宮きしめんとちまきがコチラ↓↓

 

見た通りめちゃ旨いです。

丸亀製麺などの讃岐うどんが安くて早いので、結構店舗も増えていますが
あのコシのある太い麺ではなく、モチモチの平打ち麺が新鮮でしたね。

 

個人的に宮きしめんの方が好みです。

ちまきも豚の角煮が入っていてアツアツでした。文句なし

隣の道を進んでいくと、ちょっとしたおやつやお土産売り場もあります。
熱田神宮に来たときはぜひ立ち寄ってみてください。

詳細情報


〒456-8585 愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目1−1
営業時間:24時間参拝可能
駐車場:無料 詳細はコチラ
電話番号:内容によって異なります。詳細はコチラ
公式サイト:https://www.atsutajingu.or.jp/

 

おまけ情報

熱田神宮内には、立派な鶏がいます。
かなりデカいのですが、見れたらラッキーな幸運の鶏らしいです。

境内で放し飼いにされているようで、ぶっちゃけどこにいるかわかりません。

猫とか大丈夫なのか?と心配ですが、
私が散歩した時はたまたま目の前を歩いてました。笑

 

こうやって見ると小さくて大したことないな?と思うかもしれませんが、
実際に見ると大きく、毛並?羽並がよくちょっと神々しいです。

また人が近づいてもまったく動じません。むしろ人間のほうが気を使ってる感じ

 

もし参拝しに行ったときは木の中を探していてはいかがでしょうか。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

熱田神宮のなりたり、古事記や天皇との関わりについて紹介しました。
神社やお寺っていいですよね。

詳しく知らないですし、霊的な何かも見えませんが心が洗われる気がします。
愛知県は日本で一番お寺が多い県だって知ってましたか?

今後もどこか素敵なところを見つけたら紹介しますね。

最後までお読みいただきありがとうございました!たろーでした。

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

たろーの晴耕雨読

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』株式投資、FX、仮想通貨、ネットビジネスで晴耕雨読な生活を目指すブログです。