<たろー流>アトピーは生活習慣の改善で良くなる

どうもこんばんは、たろーです。

丁度この時期から日差しも強くなりどんどん暑くなりますね。実は私はアレルギー体質でして
春は花粉症、夏は汗疹や湿疹に悩まされます。

そんなアレルギー体質も生活習慣の改善でかなりマシになるって知ってました??
個人差はもちろんあると思いますが、薬が効かない、頼りたくない、健康的に直したい方はオススメします。

 

 

スポンサーリンク

花粉症・アトピー・喘息の原因

 

花粉症やアトピー、喘息などの原因は花粉であったり、ハウスダストであったり様々ですが、
原因は『アレルギー』なんだそうです。

カラダの中のアレルゲン(アレルギーのもと)が形を変えて花粉症やアトピーなどを引き起こしている。

※掛かりつけのお医者様が優しく説明してくれました。
いつもありがとう服部先生。。。

 

このアレルギー体質っていうのは、生まれつき親から遺伝するもの、
後天的に発生するものとあり、完全な除去は難しいですが薬などで緩和することは可能です。
ただ強い薬には副作用もありますし、小さい子供には出来るだけ避けたいですよね。

実際タロウも幼少時代アトピーが酷く、ステロイド系でも一番強い『デルモベート』を処方され、
その結果、肌は浅黒くゴワゴワした肌になりましたね。笑

最近では医療機関にてアレルギーテストが簡単に出来ます。39品目の検査でだいたい3000円かからないくらいかな??

 

検査出来る一覧項目はこちら

—————————————————————————
・ハウスダスト1
・ヤケヒョウヒダニ
・スギ
・ヒノキ
・ハンノキ
・シラカバ
・カモガヤ
・オオアワガエリ
・ブタクサ
・ヨモギ
・アルテルナリア
・アスペルギルス
・カンジダ
・マラセチア
・ネコ皮膚
・イヌ皮膚
・ゴキブリ
・ガ
・牛乳
・卵白
・オボムコイド
・米
・小麦
・ソバ
・大豆
・ピーナッツ
・リンゴ
・キウイ
・バナナ
・ゴマ
・豚肉
・牛肉
・鶏肉
・エビ
・カニ
・サバ
・サケ
・マグロ
・ラテックス
—————————————————————————

 

 

ちなみにタロウが検査した結果はコチラでした。

 

予想通りな部分と以外なところで豚肉がアウトとは。。。

 

生活改善の基本はまず食事から

 

ちょっと前に流行りましたよね『デトックス』ってキーワード
もちろん身体に悪いものを出すことは大事ですが、そもそも身体に入れるものも気を付けたい

まず、気を付けたいのが『添加物』です。

添加物ってよく聞くけど実際なんだか分からない。
身体に良くなさそうだけど食べ物を選ぶときは気にしてないなんて人も多いです。
添加物は食べ物を長持ちさせる為、腐りにくく衛星面でとても重要な反面身体にはやっぱりよくありません。

例を挙げればキリが無いので、基本的にコンビニに売ってるようなものはNGです。※お水ならOK
加工物やひと手間加えている食品も買わないことをオススメします。
(お惣菜、ウインナー、ハム、お菓子など)

 

次に気を付けたいのが『油』です。

安いからと言ってサラダ油はゼッタイ辞めた方がいいです。
また外国産の肉など悪い脂身なども避けましょう身体を酸化させます。

油を使うのであれば『オリーブオイル』『ゴマ油』『えごま油』『アマニ油』が良いです。
オリーブオイルも安い混合オイルではなく、もちろんエクストラバージンオリーブオイル

 

積極的に摂りたい食べ物はこちらです。

・発酵食品
・海藻類
・ナッツ類
・根菜類
・しょうがなど身体を温める食材

昔の言葉で『まごわやさしい』という言葉もある通り、
「まめ」「ごま」「わかめ」「やさい」「さかな」「しいたけ」「いも」という昔の食事の基本となっている食材です。

好きな物を好きなだけ食べたい気持ちはすごくわかります。がしかし
アレルギーを抑えるには、こちらの食材をバランスよく摂って弱アルカリ性の身体を目指す必要があります。

 

清潔な環境とストレス発散

 

ストレスによってアレルギーはもちろん体調は悪化します。ストレス社会の現代に負けずに頑張り続けるのは大変ですよね
だからこそ、上手にストレス発散する方法やリラックスできる環境が必要です。

タロウの場合、ダニやハウスダスト、花粉などにアレルギーがある為、まず自分の住んでる環境を整えました。
掃除機をかけホコリが溜まらないようにしたり、ちょっと良い空気清浄器を置いてみたり

たったそれだけで、驚くほどに改善されましたよ。

 

そしてアトピーの方は特に、2日に1度は湯船につかることをオススメします。
暑すぎるとダメです、ぬるめのお湯に15分ほどでいいので浸かりましょう。

湯船につかることでメリットはたくさんあります。

 

①自立神経を整えて副交感神経が働いてリラックス出来ます。
②清潔な身体を保ち、お肌のターンオーバーを助けます。
③睡眠導入の助けとなり、良質な睡眠をとることができます。

 

若い人は特に湯船につからないとききますが、ぜひともオススメしたいですね。

 

早寝・早起きは三文の徳

 

疲れたら寝る、基本です。どうせ寝るなら効果的に睡眠をとりたいですよね。

タロウが意識していた時間は22時~6時の睡眠でした。寝過ぎかな?笑
に22時~24時の間は身体を修復する時間帯と言われています。

 

8時間は寝過ぎかもしれませんが、しっかり寝れば翌日のパフォーマンスがあがります。
パフォーマンスが上がれば、気分も上がり精神的にも安定します。

すべて繋がっているんですよね。

 

9時にお風呂に入り、9時半には出て涼みながら水分補給とストレッチ、アトピーや敏感肌の人は、
外用薬をヌリヌリして10時には寝る準備を始める。

朝起きたときには、カーテンを開けて朝日を浴びること朝しっかり朝日を浴びることで、身体の免疫力もあがります。
早寝・早起きは三文の徳っていうのはホントなんですよ。

 

 

<タロウ流>アトピーは生活習慣の改善で良くなる

 

いかがでしたでしょうか。医学的な根拠はありませんが実際に改善しているので
参考にしていただけたらと思います。

個人差はあると思いますが、少なくとも身体に良いことしか書いていません。
自分の同じ様に苦しんでるかたの役にたてば幸いです。

たろーでした。

 

スポンサーリンク
サボり気味です、でもたまにつぶやきます。
NO IMAGE

たろーの晴耕雨読

『晴れた日には畑を耕し雨の日には本を読む』株式投資、FX、仮想通貨、ネットビジネスで晴耕雨読な生活を目指すブログです。